< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home / ケッシュ財団支援者ネットワーク日本

書籍からの教え


本からのいくつかの抜粋があります。

それらによってより一層法則を理解します。

 


Book 1

物質創造の普遍的秩序

 

この本では、原子力技術者メヘラーンKesheは、宇宙の初期の基本的なビルディング·ブロックは、異なる強度をもつ無数の磁場が含まれている宇宙の磁気スープにその起源があることを非常に論理的な方法で明らかにしている。 このスープでは、類似または同等の強度の磁場は出会い相互作用して、より大きなダイナミックな球面パックに絡み合います。異なるダイナミック(動的)パックとの間の相互作用は、その与えられた環境での重力と磁場の効果と特性の創出につながる。 それらの磁場の強さの差により、球状のパックはそれぞれ異なる強さを持っている。その一方で磁場の強さはそれぞれ、3つの基本的なタイプの物質(ダーク・マター、反物質および物質)の大きさの順序になるでしょう。




磁場で作られているこれらの3つの物質は、お互い反応し、相互平衡を保ち、互いに連結することができるので、より大きく統合された動的システム内における3つの物質のこれらの相互作用は、初期基本プラズマや中性子と呼ばれる。 このプラズマの自然崩壊によって、陽子と電子は生成され、かつ共存する。そこでは、各陽子および各電子のプラズマは、まだオリジナルのプラズマの3つの物体の三位一体を含んでいます。


自分の環境での三つの基本的な物質とその場の力の相互作用が物質(固体、液体及び気体)の創成と管理につながることから、これらの新しい第一原理の発見は、人類のために多くの利点を開くでしょう。


この本では、惑星地球の重力と磁場の力を生成するための新たな第一原理と基準を説明します。 同様に、どれくらい安全かが説明されます。惑星内核の構造を模写した単純な原子炉は、重量の削減を引き起こすフィールドを生成することができ、リアクターシステムの運動および揚力を引き起こし、かつ、このようなリアクターの周囲に独立した磁気圏を生成するため、惑星の重力場の生成に関するKesheの理論を確認します。 惑星の磁場とこれらのリアクターの周りの磁気圏のダイナミックなプラズマ磁場の相互作用は、リアクターの周りに光を発生させます。 この光の効果はプラズマ磁場の相互作用によって光の発生を起こすKesheの理論を確認する。 これらのシステムは、宇宙旅行の新たな方法を開きます。



この知識によって、それは簡単で手頃な方法でプラズマを希釈し、プラズマの融合を実現することができる新しい低コストのリアクターを設計、開発、テストすることが可能となった。 だから、今どんな燃料燃焼も必要とせず、あらゆる廃棄物をつくらずに膨大なエネルギーの量(電気と熱のような)とモーションを生成することが可能となる。


. これらのリアクターは、ナノレベルで、空気、水、食品、医薬品、新素材などの物質を好きなだけ生産することができます。

この新しい革命的な技術は、多くのグローバルな問題を解決するのを支援することができる。たとえば、 KesheリアクターがC02のような温室ガスを引きつける構造になりえるので、気候変動のようなものの支援、あるいは、水を生産し、かつ、汚染水から危険な要素を分離(訳者注:放射性核種物質も含む)することが可能になったことにより、水不足および水質汚濁の地球規模問題は解決される。


15… 省察

 

現代の技術を使用することにより、誰もがそのロジックと有効性を確認することができるレベルに人の知能は達しました。

私は、すべての人がこの本をを理解し、この本に表示された知識の発表を妨害している少数の利己心で判断されてはならないと堅く信じます。

 

本書は、いかなる科学の背景分野から、そして宇宙のすべての物質の働きに関心を持つ誰もが、新しい知識を理解し、科学技術の最先端の開示を受けた自分の仲間であるかのような方法で書かれている。

 

この本は、30年間以上、独立した研究開発で蓄積されてきた物理学の新しい原理について理解するためのものです。そこでは、いくつかの稼働しているプロトタイプ、および、多数の実験はそれらの正確さと機能性を確認してきました。

 

Mehran Tavakoli Keshe, 2009




序文



数千年にわたる人間の科学技術の進化では、ある状態から別の状態への物質及びエネルギーの地上の状態の変化は、人間の進歩的な産業の成功の鍵となっていました。

この発展の進路の中でさらに進歩するために、人は宇宙スパンの中で、利用可能な物質の最初の素粒子の力を学習し、理解し、解明しなければなりません。

以下のページでは、最初の素粒子力の力を解放するために行われたテストの単純な新しい理論的原則および結果は発表され議論されるでしょう

私の著述では、世界のすべての片隅から、すべての人が読むことができ、それらの物理的な創造の基本的な秩序を理解することができるように、言語の最も単純な形式が使用されます。 したがってすべての人は地球で同じ基礎知識、および自分の環境を構築する機会を持つことができるため、将来の彼らの運命をコントロールするこができるでしょう。

 

知識のこの単純な伝達は、世界原理の創造を理解することによって、すべての人に与えるその可能性は、人の進化の前進のために創造の原理的な力を活用し、強化する。

 

この新しい知識を適切に使用することにより、人は宇宙の中の任意の場所でも生存するために必要なだけクリーンな電力を生産することができます。 これは環境を破壊し、将来世代の生存の「チャンス」を危険にさらすために、これ以上の新しい廃棄物を生成することなく、エネルギーを生産する能力である。 

 

この新しい知識は、人がその細胞の初期の基本的なプラズマの構築の自然なプロセスを通じて、食物と薬を生産することを可能にします。

 

したがって、子ども、女性あるいは男性は空腹にならず、生存のために他の者に依存する人はいなくなるでしょう。

 

この新しい知識は, 地球の資源、または環境条件、あるいは、それがあるかもしれな宇宙の場所や位置がどこであろうと、それら無しで、すべての材料のニーズを生産する機会を与えてくれます。

 

この新しい知識は、任意の大気の状態あるいはスペース状態で、その環境、および普遍的な磁場保護を備えた宇宙の中で人が移動し旅行することができる能力を引き起こします。

 

この新しい知識は、彼の媒体が何であれ、また彼が宇宙にいるところはいかなるところでも、媒体に関係なく人に運動の自由を与える。 人が地球上のように保護された磁場のレベルと重力場のレベルで常に旅行するためのシステムを使用できるようにする。  人の肉体は、彼の故郷の惑星の周りの大気の状態に慣れているからである。

 

今まで、これは、科学の発展と知識の現在のレベルでは、すべての次元で夢と実現不可能となっていた。

 

人はこの新しい知識の上に構築し、彼らは彼らがもっている天然の問題と限界を克服するために、独自の科学技術の風味とユニークな追加分や発見を追加します。

 

私たちの願いは、人は、人種、皮膚の色、信条あるいは宗教に関係なく、人類の進歩のために、集団的に協調してこの新しい知識を使用することです。  

私たちは、それらの人間仲間や他の神の創造物や生物の間で、平和と正義のためにこの知識と情報を使用することを祈ります。外観、技術的進歩および知能に関係なく、未知のれらはコンタクトするるためにやって来るでしょう。

 

                                                                                                                                                             -

Mehran Tavakoli Keshe

こう云うことでしょう: 人は何処からかやって来ました、それゆえ、彼は存在し活動してます。そして、彼はいずれ光に戻ります。


Order this book from the shop



Book 2

光の構造 

 

The Structure of the Light光の構造 最初の本「物質創造の普遍的秩序」、そしてこの本の中のプラズマと宇宙技術における科学の新たな地平を開くにあたっての出版に続いて、今、この新しい本で、今までエネルギーの放射線として考えられていた光の未知の構造に関するニュー・サイエンスがこの新しい本の中で議論され説明されます

始めからこの時点まで科学的な発展のサイクルの中で、科学のすべての分野において学習し集められたすべての知識は、 この開示で明らかにされることになっている知識を人が楽しむものと比べると、普遍的な知恵の埃の染みのようなものです。


プラズマ技術とプラズマの内部構造の新たな解釈による知識で、光は、プロトンのような球状のプラズマの円筒形バージョンであると考えることができる、そして光のプラズマは、プラズマ物質の全ての3つの磁場を保持している。


光線はMagravs(磁気重力場)を持っているので、それ自身の重力、質量と磁気圏、および、そのダイナミズムによって、この光のプラズマが勢いを持ち、したがって、他の光線、有形·無形の実体のエネルギーとして、この勢いを運んだり転送することができます。


したがって、物質環境中の光の速度は、宇宙における物質の最高速度ではありません。しかし、光速は、光が作動する環境上の磁場の強さによって規定されコントロールされます。



反物質のプラズマ磁場特性の使用によって物質磁場の強度環境中の光速よりも速い速度を達成することができます。


宇宙のすべての生き物が自分の周囲に光を放出させて、自身の存在を知らしめるので、人間は光の真の意味を理解する時が来た のかもしれません。


This technology of the light ray's protection gives the man the ultimate knowledge for survival and brings the man knowledge and intelligence in par with and equal to the knowledge known to the rest of universal manifestations and the same we have served our purpose in bringing the same to all men of progress.

 

反射

光は、陽子および電子と同じようにプラズマの構造を持っており、中性子のプラズマのような物質の動的な複合磁場球体構造よりむしろ、磁場強度の混合物として, 光は動的複合磁場(maf)強度スパイラルhelixial円筒状複合物質磁場プラズマ構造を有する異なりによって生成する。 ??? 

 

 

Foreword

始めから、この時点まで科学的な発展のサイクルの中で、科学のすべての分野で人によって学習し集められたすべての知識は、 この開示で明らかにされることになっている知識を人が楽しむものと比べると、普遍的な知恵の埃の染みのようなものに過ぎない。


これは人間が人間の創造と創造者を知らなければならないことが全てだとは限らないが、この新しい知識人によって、どれくらいさらにもっとたくさん創造されたより大きな宇宙を発見し学ぶことを必要としているか理解するようになるでしょう。そして私たちの希望は、この本で開示されることになっている自分の世界と宇宙の他の生き物の世界についての成熟度の最終的なポイントに人を導くことをなんとか成し遂げたということです。



これを含めた開示のこれらの新シリーズでは、宇宙の本当の作業の実現に科学の世界を開き、どのように人は自信の知性を進歩させることができ、そして今まで未知であったこの新しい科学は、人自身の不思議な生活、および他の知的生物に平和をもたらすことに活路を開くことができます。

 



定義





以下は、この本の中で使用される新しい用語とその定義のリストです。


これらの単語や用語の数は、 財団から発行された以前の本や科学論文で使用されてきましたので、ほとんどの読者は、これらの用語および参照を熟知しています。

この本では異なるアプローチや言語や用語が使用とされます、したがって、物理学の世界では、実際の長期的な適応とプロセスを説明することができる新しい用語や単語を作成することが必要となりました。



Mafs: magnetic fields:  磁場


Magnetic: キャピタルMのMagneticは動的な実体によって生成された磁場のプラズマを参考例として、これは地球の磁場を指す。


Magravs: Magnetic and gravitational fields 磁気重力場(磁気は、動的な実体によって生成された磁場のプラズマを参考例として、これは地球の磁場を指す。)


Pmf: plasmatic magnetic fields プラズマ磁場


Principal matter: 原初物質: 今、この物質の実際の構造が完全に理解され、又、暗黒物質からすべての物質の発生源であると言われているので、従来の物理学で、この物質は反物質と呼ばれ、したがって、それは原初物質あるいはプリンシパルと呼ばれてきた。


Principal mafs: 原初磁場:  これらは主要な強度レベルにあり、具体的に目に見える物質を構成する磁場よりも数百倍強いと考えられている磁場である。


Principal star: 原初星: この実体は従来の物理学では、ブラックホールと呼ばれている。


Transition energy: 推移エネルギー: 従来の物理学においてこのエネルギーは、暗黒エネルギーと呼ばれています。 これは、エネルギーが動いているPMFとして定義されているように、 推移エネルギーと呼ばれる原初(プリンシパル)から物質磁場の強度まで動いているのがPMFである。


Transition matter: 推移物質: 今、この物質の実際の構造は完全に理解され、プラズマ磁場が原初物質から有形物質まで推移状態である場合は、推移物質用語を使用しているけれど、従来の物理学では、この物質は、暗黒物質と呼ばれています。


Transition mafs: 推移磁場: これらは、原初物質磁場の強度間の強度レベルであり、原初mafsから物質mafs強度レベルまで推移中にある磁場です。1


Gans: ガンス: 物質の新しい状態; 物質の固体状態として自然にナノになり、そして現われるガス(GA)の分子。 固体のナノに、また略してGANSと呼ばれること


 


目次

最初の本

Reflection

05

序文

09

目次

11

物質及び条件の再命名

15

第1章

19

       光

19

第2章

21

       光の構造

21

第3章

41

       物質のGANSへの光線の転換

41

第4章

57

       GANS状態の二酸化炭素(論文2009)

57

概要

57

議論

57

二酸化炭素の吸収

61

メタンCH4の吸収

73

観察と注意事項

80

物質の新しい状態

82

この新技術の含意および適用

85

結論      

86

他の写真

87

第5章

91

       原初(主要?)星と光との相互作用

91

第6章

91

       光とその惑星の相互作用

97

第7章

99

     光のPMFの構造特性の利用

99

     宇宙技術の目的

99

第8章

107

       光構造の将来の使用への洞察

107

       定義       

115

        参考

117

M. T. KESHEによる公開および未公開の仕事

117

付録1

129

       統一場理論

129

         概要          

129

         議論

129

         電磁気

130

        永久磁石

134

         導体と超伝導体の違い

134

         電流とインピーダンス (訳者注:インピーダンス コイルとコンデンサと抵抗を含む回路に交流がながれるとき電圧は電流に比例する、その係数をいう。)

135

         実験点の観測

136

         結論

137

           参考:

138

インデックス

139


紹介


プラズマ技術の現在の知識とプラズマの内部構造の新たな理解で、光は陽子のように球状のプラズマの円筒状のバージョンであると考えることができます。また、光のプラズマは、プラズマ(1)の物質の3つの磁場すべてを所有しています。


光線はMagravs(磁気重力場)を持っているので、それ自身の重力、質量と磁気圏、および、そのダイナミズムによりこの光のプラズマが勢いを持っていて、したがって、他の光線を有形·無形の実体のエネルギーとしてこの勢いを運んだり転送することができます。


光のプラズマが、一つの 動的な磁場強度球面形状のプラズマから別の光のプラズマに動くように、任意の物質の環境中における周囲のプラズマ磁場と相互作用し、その後、光、および現在の環境の適切な物質磁場(mafs)要素は、その環境の強さの中で同じ、ならびに異なる物質および物質磁場(mafs)と相互作用することになり、 これはプラズマ磁場(PMF )光線の物質内容の少ない損失 につながり、したがって、光がその与えられたプラズマ磁場強度の環境の中で、より少ない摩擦および最高速度で旅行することを可能にさせる。

次いで物質mafsと物質磁場強度環境の中で、人間によって観察される光の光線が、物質環境強度の光の速度を有することができるように、このプロパティ、および反物質環境における反物質の光が、反物質磁場強度環境を走行中に、反物質光の速度は、人間の物質プラズマ磁場強度環境中の光の速度よりもはるかに高い。


したがって、物質環境中の光の速度は宇宙の物質の最高速度ではありません。しかし、光速は、光が作動する環境上の磁場の強さによって指示されコントロールされます。



これは、反物質プラズマ.フィールドの磁場特性を用いて、物質磁場強度環境での光の速度よりも速い速度を達成することができる。



一度この基準と概念を理解すると、次はこの段階で、人が物質の環境で音速の壁に直面したように、磁気強度の障壁に直面するだろう。


したがって: 人は宇宙で作動している全てのプラズマ磁場(pmf)強度の創成に関する真実をすべて観察することができ、学ぶことの楽しみを備えた宇宙のスパンを旅行することができるために、個々のプラズマの磁場強度環境中の光およびその運動の実際の構造に関する真実を理解しなければならない。


 


Book2 / 8章


「光の構造」の将来の使用への洞察


光の構造の新たな理解から、もし光が物質の三つの磁場( mafs)で構成されていなかった場合、光は自身の重力と磁場の力を保有していないだろうと結論することができるし、例えば、宇宙の他の星からの光は、磁気相互作用すべてによって、光のこれらの放射線は、宇宙の他の磁場および重力場によって吸収され、光は、決して宇宙の遠い距離に達しなかったであろうとともに、地球に到達することができなかったであろう。

従って、他の物理的実体に似ている物理的実体としての光は、陽子、電子、地球および太陽のようなもの、および磁場および重力場の両方を所有している。光線は、宇宙で他のオブジェクトおよびプラズマ.マグネチック.フィールド(pmf)を通過するので、それらに関係して自分の位置を見つけなければなりません、ひいては宇宙での旅行で光線が吸収されないで、それらを一周することを可能にさせるそれらのオブジェクトと関わってマグラブズ(Magravs)の配置を見つけなければならない。

このため、光が大規模で強力な重力物体を通過するとき、これらのオブジェクトの近くにレンズ効果や光の曲がりの物理的な観察がみられる理由は、純粋に宇宙のこれらの実体に対するそのMagravsおよびそのポジショニング(位置付け)によります。


そのため、光のレンズ効果は、動的な合成磁場の強度、Magravsの位置における物理的および有体物のフィールドの存在の確認であり、光が運動している磁場の放射線ではなく、光はエネルギーである。

一方で、運動中の光線のプラズマは、他の物質にその磁気重力場(Magravs)を転送して、エネルギーなどの他の物質と磁場(mafs)にその勢いを転送する能力を持っことができます。


従って、光は磁場および重力場の両方を所有している事実により、また物理学の法則に従って、重力と磁場が相互作用する(1と2)場合、それらの相互作用はそれ自身の質量、および、それ自身の磁気圏の生成を導く。

ヒトタンパク質の物質磁場強度レベルの残留磁場の放出を導くそれらの摩擦による他のオブジェクトの磁気圏と光の磁気圏との相互作用、これは二つのMagravs(磁気重力場)を検知できるpmf(プラズマチック磁場)の相互作用の点となり、または、この宇宙の完全な磁場スペクトルから, 提出強度の範囲で人間の目と彼のツールや方法 でプラズマチック磁場(pmfs)を検出する、いわゆる可視光と呼ばれるものになる。


ここで、別の原因による宇宙の一点から旅行中の磁場のダイナミックな球面プラズマの運動は、動的な球面プラズマチック磁場(PMF)の伸長につながる場合には、光の動的な円筒形のプラズマ線に再編し、このような光線のプラズマがダウンして十分な速度が低下または強さを損失すると、この時点では円筒形のプラズマが戻って、その球面構造への再構築と物質磁場(mafs)のプラズマチック磁場(PMF)と与えられた物質のPMF強度環境における物質の創出につながります。(図48)本の表紙画像。

そのため光は、有形な物体の現在知られている動的な球面体よりも電子と陽子のプラズマのように、細長い形で人に知られている任意の他のプラズマのPMFと同じ構造を持っています。


動的な球面体 pmf から動的な螺旋状円柱光線への変換、そして、その変換から動的な球面体 (カバーのイメージ本) に戻します。


ここで、同時に空間内を走行中の光のプラズマは、それが通過する環境のプラズマ磁場によると、観察者のプラズマ磁場、人間の生きているタンパク質分子のMagravsの構造の強さに応じて、目に見えるようになることが可能。


異なるタンパク質は、宇宙のスパンの中の異なるクリチャーの異なるpmfの強度を持っている‥‥だから、一部の宇宙の一ポイントのプラズマチック磁場(pmf)強度の中にいる一つのクリチャー用の可視光線であるもの‥‥同じ環境中の別のタンパク質Magravsの強度、これもまた可視光線でありえる。

したがって、主要物質や磁場(mafs)強度の可視光は、推移磁場(mafs)で、物質と物質磁場(mafs)で与えられた物質の磁場環境にある世界のこれらの光線は、環境や各磁場(mafs)によって検出可能であり、または視覚されます。中にはオブザーバの構造の物質が結合した磁気重力場(Magravs)によって視覚されます。


光のプラズマは、それが通り抜けているpmf(プラズマチック磁場)の強度によってそれ自体のまわりに磁気圏を引き起こす能力を持っています。したがって、光のプラズマ、および与えられた環境中の光の最終的なプレゼンテーションの外層の物質mafsの結果を決定するのは環境上のpmf(プラズマチック磁場)の強度です。


光のプラズマに、その物質のそのpmf(プラズマチック磁場)のその損失を縮小するため、そして、同時に、それはより少ないか、あるいは全く損失に直面しない同じpmf強度による旅行に有能であるために、より少ない抵抗に遭遇することを可能にすること、したがって、光線は、その構造のカバーmafsおよび物質の変更の能力を持っています。



したがって、そのより大きな組み合わせのような光が、自身の知性と、通り抜けて移動するかもしれない、または部分かもしれない宇宙のすべての次元で生き残り存在することを可能にする独自の内部論理磁気処理を持っていると結論せざるをえない。

これは、光に長距離を移動することができるという能力を与えると同時に、これは、光が、現時点で科学の世界で想定されているものとは反対の、すべての普遍的な磁場強度スペクトルにおいて最大速度を固定しないことを可能にする。



原初物質の強さの異なるmafsを備えたライトの2つの光線は、同じ培地を通過することができ、それらは異なる明るさの強度を生成することができ、したがって、すべてのライトの光線は、主に同じ強度を持っていないし、彼らの強さと強度は、内部の初期原初量および強度依存しています。


そのため、光線は、原初物質内容とその強さの彼らのmafsが主な要因による別の光線に比べて薄暗くまたは遅くなる可能性があります。


光は、その環境pmf(プラズマチック磁場)強度のそれらの最小共通分母に応じた速度を持っています。


このため、原初的mafs(磁場)のPMFの強い電場強度による原初的環境中の光の速度は、物質環境における同じプラズマの速度よりはるかに速い、したがって人間によって観察される光の速度は、光のプラズマの最大速度である本仮定は、間違っています。

 従って、光のプラズマは、地球およびこの宇宙物質のpmfs強度の物質環境中に存在する現在の前提をはるかに越えて、原初物質環境において速度を持っています。


Even though the formulas used for conversion of main connection of mass and energy looks as to be balancing and to be correct, in fact this equation is only correct for small and minute amount of plasma and only in the matter environment and not in other plasmatic fields environment of principal mafs and mafs of the transition matter or combination and composite plasmatic magnetic fields strength of principal mafs and matters environments and where only individual rays are considered.

Now that one knows that mass is created through secondary effects and interaction of the effects of the interaction and connection of at least two dynamic plasmatic magnetic fields of the gravity and Magnetic fields (1), which these Gravitational and Magnetic fields both themselves are created and are products of interaction of at least two initial magnetic fields, then in fact mass itself is product of interaction of four fields of two initial fields and two effects of these two fields and hence the formula of relativity now is totally incorrect and has to be rewritten as now one of the factor of the four of the magnetic fields and their combination of their products with each field in position of its own speed of its mafs strength, as energy which is define as magnetic fields in motion, then multiple of speeds of the light in their initial matters mafs strength times the matters mafs of their effect strength in a given mafs strength is the realistic method of

the measuring the energy in respect to the mass of the same matter.

Using this knowledge and understanding the structure of the light and applying these in the space technology and in the space reactors crafts of the future for travel in deep space, then by knowing the mass and the strength of the fields which one needs to be traveling to and by the same principle the strength of the original mafs of pmf can be calculated and measured by using the fundamental application and implication in production of light Magravs strength of the system and of the same of the destination point, then one can estimate the power of the crafts Magravs need to be and at the same time what the speed of the travel of the craft shall have, and using the mafs of the light at that given matter environment, one can calculate what mass of the light the system needs to have and be loaded that the system can travel at a given speed in a given environment, or what speed the craft might have once one uses the certain amount of mass of the light in any combination in any of multiple combined fuelled integrated multiple Magravs positioning reactors of the space crafts of the future (1, reference 24,18 and 11).

 

In understanding the strength of the principal mafs fields strength and using this phenomenon for creation of speed of motion of the systems and crafts, then one can calculate and understand that travels with speeds hundreds and thousands of times and millions of time faster than the speed of the light in matter environment in the near future will become as conventional as jet liner travels of today. The assumption that the speed of light in the matter world is the ultimate speed in the universe cannot be correct. This assumption, when using the principal mafs fields as source of fuel in dynamic plasma dilution gravitational positioning space reactors, which have been developed and tested can be used to achieve higher speed than the speed of light in the matter environment.

 

Through this technology of the use of light gravitational positioning systems, speeds of travel in Principal and Transition mafs strength environments, which are beyond the present understanding of the man in the matter universe are faster than the speed of light in matter environment.


Now one can understand, that once by not using the principal matters as fuel as has been discussed and promoted by some organisation to burn, as has been the habit of the man to burn to attain motion and height in the past centuries, then in using the mafs of the principal matters in creating gravitational fields and Magnetic fields within a gravitational system, then one can travel the length of the universe in times which are not acceptable to man at the present time due to restrictions which has been forced on the humanity by the less knowledgeable scientists of the time and due to their lack of understanding of the creation and control and structure of the light itself.

Then now one has to make new concepts and measuring tools for local time and universal times as these will be different according to the light mafs strength of the space crafts and environment of measurement and new conventional translation for time has to be employed, otherwise traveling in one speed of the light mafs strength and then entering another to live in, this will create untold problems for the future universal travellers of this universe and for the inter-universes travellers of the future (3, 6 and 7). Invariably in the near future one can use the principal mafs and matters magnetic fields for the purpose of transportation in the universe, where from this point on travel with speeds beyond the matter pmf strength environment for travel in the universe and between universes become a natural means of transportation.

At the same time the speed of light in the principal mafs and matters strength is visible light to the man too, with the difference that in this environment as the protein chain of the man contains and is consisted of plasma of electrons and protons, and these plasmas themselves are made of and operating and consisted of the composition of principal mafs and transition mafs and matters (1) too, then the principle mafs strength of the protein will come into operation and the life will be as normal as one living in the present matter mafs and matter environment of the universe. With a slight difference that he needs to learn about control of the operation of his physical body and his tools of detection in the speed and light configuration.

The parallel world of different pmf strength of matter mafs and mafs of the principal matters are the faster and stronger in pmf strength of life which the Man has come to comprehend and live with and soon he will be able to transmute from one pmf strength of mafs to another and use this knowledge for the advancement of his race and connection and communication in and with the other creature of the universes.

The gravitational field forces of the mafs of the matters of the structure of the light will be the smartest and fastest method for creation and control of space reactors of the future. At the same time speed of the separation of mafs of the matters of the light will be the best directional controller and magnetic shielding protection system for the space crafts of the future as the lights' mafs and matters separation and control in different mafs of the matters and matters of the universe this make the plasma of the light the safest and quickest methods to generate parallel speed of the light in different mafs of the matters environment and at the same time the directional motion of the Magravs transportation system can utilize the mafs of the matters of the light interaction for smooth transition from one matter mafs field strength to another or from matter mafs to matter environment and vice-versa.

This light matter mafs structure division and utilization will be the technology which needs a full understanding of the world of creation and once mastered as has been done by other inhabitants of the universe, then the man will be of the same strength and capability of the understanding of the universe of universes operation, interaction and universal organisation.

When, the intelligence of the man reaches the full understanding of the potentials of the use of the light mafs of the matters, then one will be able to travel in different mafs of the matters environment with use of the mafs of the principal matters magnetic fields strength as the protection magnetosphere created around the crafts in possession of the multiple Magravs positioning reactors.

The dynamic twin reversal of directional motional shielding system made of and through the use of mafs of the principal magnetic fields' strength of the light guaranties the total non-penetrable protection for travel in all mafs and matters environment in the universe, without leaving any traces of direction of motion and without being visible to the human eyes and any other tools and means of detection of any other creatures in the universe.

Where, this technology can be used for fast speed travel in crossing boundaries of universes and for travel across one universe without spending thousands of light years in traveling time as is currently calculated by human scientists. Thus one can travel with full safety using the highest lights Principal Magnetic field strength for every aspects of the motion in the universe.

Once the concept and the principle structure of the principal mafs and matters and other mafs of matters and lights are fully understood then one can use the knowledge of the light structure in full and the scientific world will be able to use the structure and mafs of the light for creating new matters and production of food and nourishment for the life of the passengers and for the space machineries of the future and food producing reactors for the man in deep space where the light is the only available matter for use and at his disposal.


The mafs of the matters of the light can be brought to levels that one needs for the body to absorb for it to survive a pleasurable and comfortable life. Where, different strength mafs of the matters and of the light can be used as vitamins and minerals and proteins for the Man's needs to live. Where, the light mafs of the matters can be used directly without the need for the plant and animal conversion systems of the light mafs of the matters to minerals and nourishment for the human consumption.

One has to understand that there are lives in the lower pmf strength of the universe too; where in reality the matter universe is not the lowest level pmf strength in the universe. The light in this universe is the same and operates in the same way.

In the future one can use the light mafs of the matters to produce and lower their strength mafs of the matters to pmf for example of the sodium or vitamin A or B. Therefore from this point on one can even produce composition of matters or what has been the dream of producing energy and new matters through fusion. Now one can use the Principle matter mafs field's strength of the light to fuse the elements in the matter environment. In fact fusion is more practical and achievable if one uses the principal mafs and matter's field's strength of light and their division to create environment of matter mafs for the matters to be created. Fusion of pmf of the light mafs is in so many ways easier than physical matter fusion once the light is transferred into neutron or an atom. The lights' mafs of the matters fusion is a way for the re-production of heavier elements or their pmfs without creating enormous amount of heat that one cannot and has no tools and means to control and contain such matter fusion technology.

Once the man learns the use of the construction of mafs of the matters of the light, then one will learn that source of mafs of the matters are available in all corners of universe and on the other hand one does not need to create the physical matter to have the properties of the physical matter, but one can use pmf strength properties of the given matter in its fusion of the light mafs of the matters to achieve the same effect, the likes of the production of energy and food without ever using fusion of physical matter to achieve the same goal and actually without ever needing physically to eat and to digest food. Then in the near future man's body will do with the digestion system and in the further times man will learn and will do with the physical body for it to exist and for it to travel the spans of the universe(s).

Using the mafs of the matters of the structure of the light rays for communication purposes, in the matter environment, then the communication system can be set to transfer the information in the Principal matter mafs strength and once the information arrives at the point of destination the receiving system can decode the information from the principal mafs strength to matter mafs strength and then the information can become available for whatever purpose it was transmitted for, this being audible, visual or computable information or transfer of matters. This method of use of mafs of the matters of the light field's strength will eliminate any time delay in communication across the spans of the universe, the delay time which has been observed in the present cosmos communication systems will not exist once using principal mafs strength and then communication become instantaneous anywhere in the universe.

Thus by switching from one matter mafs strength to another matter mafs strength of the same light, this will bring into play a totally new technology and facilitates new approaches in the production of tangible matters too. That is to say one can strip the light from one of its mafs of the matters for one purpose and use its residual mafs of the matters for other purposes. That is to say, by striping the light off its principal mafs for the communication purposes, then one can use the mafs of its transition matters and mafs of the matters of the same plasma of the light for production of increase in other matters and matters growth or expansion in their given environment or use these for production of energy for human existence in space.

The universal language using mafs of the matters of light and using the same mafs of the matters of the light for their transportation will be the cornerstone of the future transmutation of matter and matters and communication in the universe among other intelligent creatures of the universe(s).

The positrons are created at the point of the creation of the plasma of the atoms from the ray of the light and the clockwise motion of these particles is totally and primarily internal magnetic fields position dependent. This meaning that the directional rotational motion of all matters are dependent on the speed of the rotation and position of the mafs of the principal matters and matters in respect to each other, this plasma be it of the plasma of electron, proton, atoms even stars and galaxies.

The clockwise or anticlockwise rotation of electrons, protons, planets and stars is determined by the principal mafs matters speed of rotation and its distance in respect to the matter mafs and distance between different layers mafs components of the plasma of the entity after the light ray is converted to matter of the electron or the proton and star and its matter content.


In conclusion one has to be aware that visible light magnetic fields spectrum, which makes man to see its universe is the same in all pmf strength levels. This means that in every pmf strength environments there are visibility criterions to all created life, but the visibility is pmfs field strength dependent. Therefore, what is not visible to one being is visible environment to another using different pmf strength for point reference as tool for vision and this applies to all pmf strength mafs of the matters and matter universes and environment.

At the same time vision is not through the vision tools like the eyes, but vision is the openness to receive knowledge through the real means of the operation of the universe in the pmf strength of the level of intelligence of the structure of the beings.

The reality of the existence has been measured by the strength of the light, which a matter can emit, and the duration and the depth the Magravs of the created light can penetrate in its environment. Then the question for the Man to ask of his existence, is that how does the matter like him, who is the user and the producer of the same physical entities as stars, how does his existence will shine and operate in the span of the universe after the demise of his physical life on this matter strength environment?

May be it is the time for the Man to come to understand the true meaning of the light, as all beings in the universe announce their existence through the emission of the light into and onto their surroundings.

This technology of the light ray's protection gives the man the ultimate knowledge for survival and brings the man knowledge and intelligence in par with and equal to the knowledge known to the rest of the universal manifestations and the same we have served our purpose in bringing the same to all men of progress.

Thus would be correct for the Man to consider his connection beyond his physical existence and through the light of his presence during its time, and hence would the soul of the man be of the light of the confirmation of his existence.

 

Be wise to the truth of the creation of the man, if the light of wisdom is the light of the soul from the time of beginning to the end of time. This light will exist and will be the source of the confirmation of everlasting existence of his soul, as the light of far distance star after billions of years are shining in the deepest part of the universe, this has been and shall be destined for the soul of the Man throughout all times of the existence of the universe.

Thus it can be said:

Man has come from,
He exists, operates through and
He shall return to the Light


Order this book from the shop

 


 

Book 3

THE ORIGIN OF THE UNIVERSE

coming up

Order this book from the shop






COMMENT

掲示板

コメント