< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home /ケッシュ財団支援者ネットワーク日本

スティーブン·ホーキングは、「ブラックホール」の持論を放棄してしまった。



スティーブン·ホーキングは、2014年1月24日にオンライン紙上で、「それは私のバカな間違い」と発表しています。

http://arxiv.org/pdf/1401.5761v1.pdf

Read more in this link

http://www.cbc.ca/news/technology/st...bate-1.2514299

“「論文では、ホーキングは以下のように書いている: 「これは、ブラックホールが重力場の準安定束縛状態として再定義されることを示唆している。」」"”

簡単な言葉で彼は(重力場と磁場の両方をもっている)主な星の磁場と呼ぶブラックホールの創造についてのMT Kesheの理論の正しさを確認する。そして宇宙でこれらの環境は、宇宙の中心で、銀河、陽子や電子、それらは、エネルギーと環境の磁場とその実体の生命の起源のすべての源である。

それらが非常に暗い理由は完全にMT keshe紙'ブラックホールの創造」の(著(オリジナルバージョン2004)と彼の本2011ページの「宇宙の起源」に掲載さ改訂版の論文で説明されている151(1)。

MT ケッシュは王立天文学会2004年のピアレビューのために提出した彼の最も初期の論文の中でスティーブン·ホーキングの誤った仮説を否定してます。

最近の数年および数か月で、Kesheは、スティーブン·ホーキングのブラックホール理論の仮説がいかに間違っているか、多くの新しい明瞭な理論を提唱してきました。

今、kesheは、「ブラックホールが巨大な食べる機械で、同じレトリックを2004年まで維持してきた過去30年間のスティーヴン・ホーキングによる根拠がない理論がとうとう終わった」と言う。彼自身のブラックホールについての理論に混乱し、方向感覚を喪失した10年間の戦いの後に彼は退却する。

これらの2人の科学者に関する未知の歴史:

2004年4月に、MTケッシュは王立天文学会のピアレビューのために、「創造ブラックホール」と題する論文を提出した。

2004年同じ日のの7月8日に、M T Kesheがブラックホールの創造に関する彼の論文が公表されることはなく、学会は、それらの図書館で彼の論文を保存すると述べる王立天文学会からの手紙を受け取った.同じ日(8.7.2004)に偶然の一致でスティーヴン・ホーキングは、彼が考えを変えて、ブラックホールが確かに放射線を漏らし、彼の友達に賭けで負けた、と公に言いました。 その月の後半、2004年7月21日にダブリン会議で、彼は、多くの方程式を利用しても、彼のUターンの理由のために会議に出席した誰をも納得させることはできませんでした。

彼の論文では、MT kesheは、光と放射線が主星(ブラックホール)から脱出し、ブラックホールが、本質的には宇宙の物質と創造の源の発祥の地であることが確認される。

いずれにしても、Keshe財団は2011年に著書「宇宙の起源」ISBN 978 94 60870002の改訂版を出版しており、王立天文学会からのオリジナルの手紙のコピーは、この本の177ページで付録としての「ブラックホールの創造」そしてブラックホールは放射線を放出し、それらは生命の源である」と発表されています。

Kesheは、「オリジナル新聞紙上以前に存在した公開書簡の本の中で、彼は30年後に科学者の心が変更することや彼の書簡の日付の一致の偶然について言及している」と言います。

さらに、スティーヴン・ホーキング氏が2014年の論文の発表を備えた出口を準備するためにケッシュの本を出版するのに今まで3年かかりました。

Kesheは「私たちが今までホーキング氏や王立天文学会から謝罪の手紙を受信しただろうかと訝っている」と言う”

Kesheはこの公開論文の中で、スティーブンホーキング氏は何も新しいことは言っていないし、彼はちょうど私たちの調査結果を確認した著名な科学者であると述べています。

MT Kesheは「私はその本について、2011年にベルギーのルーベン市で講演を行った3日後に、スティーブン·ホーキングは、どこからともなく、同じ大学に上がって、私の著書「宇宙の起源」(ベルギープレスを確認してください)​​と同じタイトルで講義を開きました」と2014年の彼の最新のインタビューとオンラインのワークショップで言及しています。

誰も2004年には、MT Kesheについて知らなかったであろうとして、彼が無名のまたは未知の科学者だったときに、この論文の発表では、スティーブン·ホーキングは、彼の露出を制限しようとしています。このあいまいさ( Kesheの無名性)のため、王立天文学会とスティーブン·ホーキングは、評判がよい研究所、および彼の考えを変えることができる知能の人である栄光を持ち去ろうとすることができました。

今では最終的にはスティーヴン・ホーキングは、辞任することを決定しており、そしてM T Kesheの正確な発見物を同時に認めますとほぼ10年後の心のこの変更で述べています。 Kesheは言います「したがって、その内容が主星(ブラックホール)の作用に関する正確な法則だったことを示す私の論文を公表するための10年間の戦いの後、王立天文学会およびスティーヴン・ホーキングの隠ぺいの試みは、突然の終結をむかえました。」 ”

Kesheは、「それらのピア・レビューが単なるそれらの見解に依存する科学者達による不名誉と操作に他ならないことを示すように、ピア・レビュー・ジャーナルであるための科学の世界においては、もはや王立天文学会は、これ以上の信望を保つだろうとは思わない」と述べている。 ピアレビューのこれらの泥棒体質は、自分の秘密や個人的な利益のために新しい、正しい発見に対して沈黙する。

今、私たちは、Keshe財団が直接国民にその知識と技術を解放し、なぜ、ゼロコストでナノ材料を製造する新たな方法の開示と福島除染のビデオとその第9回ワークショップ(3,4)で最近行ったように、どのように福島の土地と水の除染を行うことができ、どのように彼は、不正かつ虚偽の構造化されたピアレビュー組織とその不名誉な科学者から自分の仕事を続けているかを読者の方々が理解してくれることを希望してます。

Kesheは「私の信念は、開いた通信システムが今日利用可能であるので、あなたが私の論文から知恵を取ることでした」と言います。 あなた自身の知識に応じていかなる論文も検討し、あなたが考えて必要なものを伝えるのに他人の秘密や個人的な興味に応じて別の人を必要としません。"”

“現在の質問は、MT Kesheの本で説明されたようにプラズマのkesheモデル、主星(ブラックホール)の新しい構造、そして主要な磁界や重力場や物質強度の存在が、宇宙の銀河やその他の実体の中央部とその動作を理解するための物理学における新しいモデルになりうるかどうかです。 ”




ステフティングKeshe財団を代表して


リンク

書籍や論文:

1: http://www.keshefoundation.org/shop/...ry/view/1.html

http://www.keshefoundation.org/latest-papers.html



2: 2014年1月30日にリリースされたビデオ: 2014のKeshe財団による福島除染のために、ゼロコストのナノ材料を製造する新しい方法。

https://www.youtube.com/watch?v=4f02CcnHjSk

3: アプリケーションと上のビデオの新技術の意義について、日本の観客とのライブストリームで2014年1月30日、Keshe財団による第9回ワークショップで詳細に説明されている。

http://www.youtube.com/watch?v=SfV6YeWAu8E
Copyright MAXXmarketing Webdesigner GmbH
Copyright © 2013 Keshe Foundation. All Rights Reserved.




COMMENT

掲示板

コメント