< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home / ケッシュ財団支援者ネットワーク日本

宇宙探査および居住システム

 

Keshe Space company: KESHE SPACE EXPORATION AND HABITATION SYSTEMS N.V. i.o (Belgium), fully licensed for all space and aero applications by Stichting the Keshe Foundation (Geleen, the Netherlands).


On the Keshefoundation Youtube Ch annel Keshe foundation Youtubeチャンネルでは、メヘラーンケッシュが、宇宙においての物質とオブジェクトの運動の法則に関してもっと説明します。 5つの単純な動画を通して、彼は、ニュートロン、融合、光の起源、運動などの実際の構成について説明します、Keshe氏は、物理学のこれらの新しい第一原理に関するいくつかの本を出版しました。

この新しい理解は、従来の推進システムからではなく, 重力のポジショニング(重力配置)によってそれらの運動を受け取る新しいタイプの宇宙船および航空機を設計することを可能にします。したがって、クラフトは惑星あるいは他の天体の磁気圏の内部で、あるいはその磁気圏で作動する独自の独立した磁気圏磁場があります。

最初の本、”物質創造の普遍的秩序”の163ページにおいては、図57が、4つの異なるタイプのMagravs(磁気および重力場)測位システムの類似点を示します

クラフトの磁気圏フィールドのプロパティを変更することにより、その位置を変更し、制御することができる


宇宙探査についてもっと学習する。


 

宇宙船や関連サービスのこれらの新しいタイプの工業生産と開発は新会社等が責任をもって請け負います:

  1. 宇宙探査のための宇宙船、リアクター、そして建造物のシステム開発と生産。
     
  2. 関連サービス(スペースクルーズ、宇宙旅行と "ムーンウォーク"休暇)。
     
  3. インフラストラクチャー(水、空気、エネルギー供給)システム。 
     
  4. 地球月およびアース・アース輸送およびホテル・サービス。
     
  5. 軌道への衛星回線のサービス、および宇宙ステーションへのペイロードの配達。

 

The Keshe Foundation introduces the scientific community to the new world of plasma technology, for the creation of energy, lift, motion and space technology through new principles of gravitational positioning. 

Keshe財団は重力ポジショニングの新しい原理によるエネルギー、浮揚力、運動と宇宙技術の創出のために、プラズマ技術の新しい世界へ科学界を紹介しています。


Keshe財団によって開発しリリースされた新しい重力の測位技術およびシステムによって宇宙技術は次のものを達成することができます:

  1. 宇宙においては普通のことであるが、Keshe財団によって開発されてきた、惑星の磁場を離着陸に使用するシステムを通じての運動の生成

  2. この新技術では、不確かな離陸も不確かな着陸、および地球の大気圏への再突入に問題はありません。

  3. 宇宙でのスペースクラフトの内部は無重力状態ではありませんし、限られたペイロードや、過去の再突入熱遮蔽の問題もありません、宇宙飛行士の生命を危険に曝す必要はありません。

  4. 今、宇宙技術は、地球のすべての人および国家に開放されており、今から約10年後には往復月旅行がビジネスクラスの航空券の費用で可能となります。

  5. 離陸は、発射台の必要なく地球上の任意のポイントから可能です。また、着陸は地球上どの時点でもすることができます。

  6. 重力システムは、リフト、高さと運動を達成するために、燃料を燃焼させる必要がない。

  7. 宇宙探検および植民地化(月、マールス、エウロパの...)は今すべての国家にとって手頃な価格になります。

惑星系のオペレーションを複製する同じようなシステムの開発と重力場を創生するこの新しい理解と... NASAや他の宇宙機関が空間に到達するために現在使用しているロケット推進技術には未来があるのでしょうか?

近い将来にKeshe財団は、技術のデモンストレーションを行うために公のイベントを数回計画してます。





私たちの宇宙技術について詳しく読む: