< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home / ケッシュ財団支援者ネットワーク日本

New horizons

新しい展望

Gravitation between planets and starsGravitation between planets and stars科学者達は創造の秘密の知性、および宇宙で達成されたエネルギー、重力および運動の持続の背後にあるメカニズムを理解することを長い間切望してきました。 これらのメカニズムに対する、それらを写す新しい方法および技術への新たな洞察力のおかげで、我々はエネルギーと重力の膨大な量は、人工リアクターの炉心内で生成することができることを見出した。


私たちのリアクターのサイズは、2次電池と同じくらい小さなものから、大規模電源、あるいは宇宙応用の数メーターまで変化する。


開発されている技術は、その中核にエネルギーと重力を生成することができる完全統合されたシステムである。このシステム・エネルギー内に、エネルギー、動的な磁場および重力を創出するために地磁気の力および法則を使用して、地球の自然な原動力を管理するのと同じ手段によって生成されます。


我々は、それが重力の位置合わせ(ポジショニング)を用いて、燃料を使用せずに浮力(リフト)を達成することが可能であることを証明している。このように自然界の基本的な力を利用することによって、人は人工燃料、地球の重力の束縛のない、宇宙飛行のための新たなシステムを構築することができるようになります。

もっと読んで下さい...

Kesheモデルによる電子の重力ポジショニング

電子の不規則な通路の秘密: 連続交互する動的な陽子プラズマによる動的電子プラズマに及ぼす引力および反発作用。

 

 

 

 

 

もっと読んでください...

The Keshe Neutron Model

Kesheニュートロンモデル

 

中性子は、3つの基本的な物質(物質、暗黒物質と反物質)で構成されている。



もっと読んでください...

重力

解明された地球の重力の発生源

原子力技術者メヘラーンKesheは、ダブル磁場の相互作用が、星や惑星、および地球の重力効果の核心に位置すると仮定する。このような二重の磁場は、原子中の、およびその原子間の相互作用を同様に決定する。

この仮説は、宇宙の創造が、特殊なもつれプラズマ磁場(SEPMAF'S)の中で絡みあったプラズマ磁気エネルギー(PME’s)の相互作用に基づくという新しい理解を基礎にしてます。 これらのSEPMAFは、我々が素粒子と呼ぶエネルギーを表わし、また、これらは、結合することができて、原子そして次に分子のような大きな複合体を形成することができる。 次のイメージは一般的な概念を示す。

もっと読んでください...

磁気の原理

Samal4によるフォーラムからの質問:

ちょうど今日、私は、ある人が彼の体に金属を引きつけることができるというロイターからのニュースを受け取りました! その事についてのビデオレポートを見るために下のリンクをクリックしてください。私は、この人にそのような現象を操作させるのは、何が原因なのかと考えてしまいます。

MT.ケッシュからの返答


人体は、必ずしもすべてが物質の同じ正確なコンビネーションで作られていないので、それらは、我々がすべて同じ2脚、腕、および内臓があると見ていても、異なるMagravsを作るが、真実、異なる体は異なるフィールドを作成することができ、その環境から別の強さのフィールドを作成することができ、任意の強さのいかなる物質やフィールドを引き付けるか、拒否することができ、これは、異なる身体が異なる電界の強さおよび物質に受容力があり、人体がすべて異なる物質、また他のものとしてのフィールドを引きつける場合があるか、拒絶する場合があることを意味します。 

もっと読んでください

プラズマ磁場とSEPMAF's




私たちの一般的な仮説は、物質の生成が過剰温度または超高圧を必要としないことである。すべての物質の特徴は以下の画像で、PME AとPME Bに見られるように、具体的なもつれプラズマ磁場の基本的なプラズマ磁気エネルギー(PME)(SEPMAF)を変性させることによって再生することができる。SEPMAFは今日の物理学での所謂、素粒子と原子の基本の部分です。陽子、中性子、電子、それらの磁場は、例えば、特定の構造の磁気絡み合い、第一の画像1Aに示す二重プラズマ磁気構造を有するSEPMAFの集合体である。



 

もっと読んでください...

最初の概念

2005年3月16日の実用化可能性調査で、ベルギーの一流大学の著名な科学者は、この新技術の発見に関して記述しました:「原理的には星のエネルギー生産と同様のプロセスが説明されている」また、次に、彼は、「エネルギー生産のこの方法の背後にある概念は実現可能です」と言いました。

 

Solar ecological balanceSolar ecological balance

この技術は、継続的に開発中であり、いくつかの静的および動的な作業のプロトタイプからの最近の結果は、新たな洞察を確認しています。例えば、初めて、私たちは、どうにか室温で、および大気条件の中でガス、および固形物として原子状水素と炭素を生成しました。現在、グラフェンの従来の製造は、700℃から800℃までの温度を必要とし、固形物のCO2などの生産は氷点下数十度で行われます。この新方式の使用による原子的、そして壁/層および多層の黒鉛の生産は、ヨーロッパでも有数の研究機関や大学で行われるラマン分光法により確認されている。 これらの技術の開発を通じて、300以上の潜在的な用途を持ついくつかの国際特許が過去に登録されている。

もっと読んでください...

ダイナミックリアクター

cola bottle plasma reactor with electrodes電極を備えたコーラ・ボトル・プラズマ・リアクター

いくつかの静的および動的な、機能するプロトタイプは、PMEの(プラズマ磁気エネルギー)とSEPMAFの(具体的なもつれプラズマ磁場)のKeshe概念と関係する新たな知見を確認します。

我々のリアクター.システムのデザインおよび技術は、宇宙物理学で見られるのと同じ原理および方法に従って開発されています。また、類似効果が達成されています。

私たちの最も単純で静的なプラズマ.リアクターのうちの1つが、コーラ・ボトルです。これは数個の電極、2~5を装備しています。

このコーラ・ボトル・リアクター内で、電圧と電流の複数の出力を達成し、我々は原子状水素を生成し、同時に、電極上に原子炭素を沈積させます。これらの静的なリアクターの作用は、酸でのように、化学的相互作用に基づきません。また、そのプロセスは、既存のバッテリーの中で起こることとは完全に異なります。例えば、電流は、液体に沈められない電極からさえ集められます。したがって、それは純粋なプラズマから集められています。その上、他のターミナルが電圧を生成している間、リアクターは自動的に充電します。

これらのテストを実行する際の主な目的は、内部の液体ガスから炭素を回収し、電極上に堆積させることが可能なことを証明することです。これは、同じ原理が、自動車や工場の排気ガスからの二酸化炭素を分離するために利用できることを示しております。

もっと読んでください...

Copyright © 2013 Keshe Foundation. All Rights Reserved.

COMMENT

掲示板

コメント