< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home / ケッシュ財団支援者ネットワーク日本

ナノテクノロジー & ICT

ナノテクノロジー & ICT

Nanotechnology:

  • Keshe plasma reactors to be used to manufacture wall graphite and other nano compounds Kesheプラズマリアクターは、ウオールグラファイト及び他のナノ化合物を製造するために使用される リアクター内の無重力状態で、連続した塩基上のナノ部品やナノテクノロジーのワイヤーの生産。
  • 標準的な材料の性能を向上させる純粋な材料の製造。

  • ウオールグラファイト(SP2グラフェン)やその他のナノ材料の製造。 グラフェンの製造は既にラマン分光法により確認されている。


無重力:

リアクターの中心の無重力状態の中で、コンピューターなど、あらゆる工業用途の為の材料を生産。

 

リソグラフィ:

コンピューター産業の材料は、所望の効果を達成するために、適切で安全な放射線に直接露出することができます。ゼロ重力条件を達成することができるリアクターの炉心内で、非常に低コストで大量に、このシステムで生産ができます、一方、アメリカと日本のコンピュータ会社は、これを達成するために数十億ドルを費やしている。


非有形コンピュータ:

non-tangible computer非有形コンピュータこれらのコンピュータは、現在のモデルよりも何千倍も速くなります。構成要素は、非常に人間の脳の働きのように、すべての接続を使用せずにナノテクノロジーレベルで相互作用する。そのコンピュータは有形境界を持ちませんし、流れ(電流?)は包括的であり、人間の脳のようになります。





和訳:yuzo nakano