< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home / ケッシュ財団支援者ネットワーク日本

健康適用

プラズマ.リアクターの健康適用

多種の分野にわたるテクノロジーの発展を通じて2006年6月にKeshe財団構想に新たな概念を加えた。医療用途のためのプラズマ.リアクターの使用です。最初はシンプルな単一コア.リアクター、そして多重のコアモデルを開発し、試験した。

頭痛止めやエネルギー増強など、軽い症状に対処した最初のテストは良い結果を生んだ。 2007年1月にはフルスケールのテストが行われ更に良い結果を生んだ。同年初頭に特許の申請をし、7月には、医療分野のすべての研究の成果を、ヨーロッ パの特許申請の全ファイルとして提出した。   この申請には、完全なテストケースと独立した医療結果に裏づけされた書類が今後も添えられる。すべてのテストは、過去もこれからも完全な医療の記録として残される。

 

続いて、多くのプラズマ.リアクターのプロトタイプは、医学的使用のために、各疾患に特異なタイプを設計し、開発されている。これらのリアクターは、プラズマ概念を使用して扱われる器官の特定の磁場形状に基づきます。

もっと読んで下さい...