< ケッシュ テクノロジーの医療への応用 / ケッシュ財団支援者ネットワーク日本

ケッシュ テクノロジーの応用: 医療

医療への応用

未来の遠距離宇宙トラベルにおいて、あらゆる疾患を想定して、医薬品をや医療チームを宇宙船内に搭載する事は到底出来ないだろう。今日の医学の現状では、食料よりも医薬品の方が多くなり、乗客よりも医療関係者が多いという状況となるからだ。

だからと言って、病人を宇宙や地球の医療施設に到達するまで、何ヶ月、何年も宇宙船内にそのまま留まらせる訳にもいかない。

 

そこで、ケッシュ財団では一つの共通したシステムで、疾患から回復させる、新しい科学の理解と推進に努め、開発、製作、テストを行って来た。このシステムは人間の体が機能するのと同様の働きをする。未来の宇宙船にこのシステムを一つ搭載すれば、宇宙において疾患からの回復処置が施せる。



紹介

Our Health program is based on our Space Technologyケッシュテクノロジーの医療技術はスペーステクノロジー に基づいている 非営利のケッシュ財団では、宇宙研究開発に過去35年携わった。推進力やジェットエンジンを使わずに持ち上げ、運動させるシステム、室温でナノマテリアルを生成するシステム、周りの環境から磁場を吸収し、エネルギーを生成するシステムを開発してきた。今や根本的なゴールを収め、プラズマを燃料として未来の宇宙テクノロジーに取り組む準備が出来た。

 

同様に過去40年の研究のすべての分野から得た知識を結集して、医療テクノロジーに応用した。新しい宇宙時代のシステムとプロセスの応用で、宇宙トラベル中に起こりうるあらゆる疾患に、簡単に対処できるという結果を得た。

 

 

プラズマ リアクター テクノロジー

プラズマ リアクター テクノロジー℗ は生命についての基礎知識と、物質、反物質、暗黒物質の宇宙における創造についての知識を元にしている。素粒子は、実は小さな磁場の集合体で、グループとしてまとまり、より大きくダイナミックなプラズマの場となる。
クォーク質量と呼ばれるものは、物質の中心にあるプラズマ磁場が構成要素となり、その相互作用のみにより創造される。宇宙のいかなる物質も同様だ。

 







和訳:「庶民の見方」サニー