< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home /ケッシュ財団支援者ネットワーク日本

飛行技術


この技術により、我々は読者に重力測位システムと将来の飛行と宇宙技術の使用への洞察力を与える。



運動と揚力(リフト)は、これらのリアクターの開発の背後にある重力測位技術によって生成されるが、物理学の法則の新しい理解に基づいています。これらのリアクターで、重力とマグラヴス(Magravs(いわゆる反重力))を生成するという概念は、物質の原子構造とその磁場とのお互いの協力と相互作用の新たな理解の上に成り立っています。


財団は過去数十年にわたって、これらの新しいリアクターの開発のために、地球の中心核における気体と液体の挙動の原理が研究されており、詳細にカタログ化されてきました。いかなるエネルギーおよび運動系の開発における重要な要素は,  ポータブルで軽量でなければならないが、それが、将来の宇宙技術で使用されるためには、同時に強力かつ柔軟で、機能的でなければならない。このような技術は、将来の宇宙計画で電力、重力、磁気シールドおよび医療用のシステムを生産しなければならない。


その基本的な機能として、この技術は、水平または垂直どちらの運動も操作する。このリアクターを搭載した移動中の宇宙船は、常にリアクターによって生成された磁気シールドで保護されたホバーモード(空中停止モード)になります。PMF(パッシブ磁場)を持っている、ほぼすべての宇宙の惑星や星の内部システムを見ると、それらは常に回転しています。乗り物(クラフト)の中で希望の運動を達成するために、人が、揚力(リフト)を生成するために燃えている燃料を使用して選んだ方法について考えることができません。 宇宙の惑星はすべての燃料補給所で満杯になりません。それらはじっと立っていません。また、それらは、飛ぶために翼を持っていません。運動がPMFを生成するリアクターによって操作される場合、その乗物は、磁場シールド、惑星の大気に相当するものによって常に保護されています。


このシステムでは、内部のリアクター.コアの助けを借りて、一方はこの保護磁場の強さを制御することができる。同時に、これは、一旦このシステムがオブジェクトの中で使用されれば、いかなるものもオブジェクトに達することができないに違いないし、達しないだろうことを意味します。この種のPMFは全く無害で、日常生活で地球で遭遇したPMFと一致します。運動中であるこれらのタイプのクラフト、および、それらの乗客は、副作用なしで完全にいつでも保護される。この種のリアクターが装着されたクラフトは、科学者が過去数十年間にわたって追求してきた捉えがたいシールド結果を生成します。一度システムが稼働すると、クラフトが破壊される危険性はありません。


このシステムの利点は、サイズが問題ではないということです、我々が見ることができるように、自重の数十億トンの惑星が回転して移動し、問題なく、重力とシールドを持っている。現在の航空機技術が行っているように、このシステムの特定の設計特性であるリアクター.コア内で生み出された重力は、地球の重力と戦わないだろう。このリアクター.システムは、その力の場の内で移動するために、地球の重力の限界内で動作します


リアクター内で二重の磁力場を生成する新しい概念は、クラフトが地球の重力内に移動することができるように、抗重力の力の場を反撥するか生成するためにリアクターのコアの中で十分な重力を生み出すことを可能にします。任意のサイズにこの重力場を作ることができるかもしれません。


したがって、この現象を理解し、リアクター内の重力場の電荷を生成し、制御することができることにより、大きな質量を移動させる目的は、惑星がそうであるように、達成することができる。リアクターの重力場の範囲をコントロールすることができる限り、サイズ、およびその境界内の材料の重量は、リアクターの重力のオペレーションに影響しないでしょう。従って、クラフトのサイズは無関係になります。 肉眼では、このシールド技術·システムを使用しているクラフトは輝く光のようになります。人々は空に明るい物体を見るのはこのためですが、何もレーダー上には表示されません。 


光は、地球の大気中の緩い荷電粒子間の相互作用、および地球の重力を克服するためにリアクターのコア内で生成された磁場によって発生する。これは、蛍光管からの光に非常に似ている。


これらのタイプのクラフトからの光が明るい銀色の色を持っている理由です。


飛行機雲に先立っているジェット機と異なり、これらのタイプのクラフトでは、それが運動方向の反対の光の終わりのどこかに位置している。このシステムは、ジェット気相のような痕跡を残しません。その磁場は、レーダー周波数波を吸収するため、クラフトが大気内にあるときは、PMFはステルス効果を有する。このため、そのようなオブジェクトは軍には見えないのです。


このクラフトの目的は、大気の中で移動することです。また、そのPMFにより、クラフトの物体は大気の要素と全く接触しません。これは、クラフトの大気摩擦および拡張による問題が、過去のコンコルド、ロケットおよび宇宙計画で起こったことは、存在しないことを意味します。


このシステムが主として設計されている宇宙計画では、大気がクラフトの物体と接触することをPMF遮蔽が常に不可能にしているので、大気加熱、および任意の大気の条件の中への再突入のための断熱タイルの必要はないでしょう。リアクターのコアが、クラフトの境界を超過する安全距離に磁場を生成することができるので、PMFは、クラフトが大気条件の中でゼロ摩擦を維持することを可能にする。


これは文字通り、地球の磁気圏の中に月を持っているようなものです。この現象は可能であり、木星の衛星の一つであるガニメデのミニ磁気圏は、木星の惑星の磁気圏内に埋め込まれているのが観察することができ、詳細に研究されている。


The orbit of Ganymede lies within the magnetosphere of Jupiterガニメデの軌道は木星の磁気圏内にある

Ganymede within the magnosphere of Jupiter木星の磁気圏内のガニメデ

ガニメデ