< Consept of keshe tecnology / ケッシュ財団支援者ネットワーク日本

最初の概念


2005年3月16日の実用化可能性調査で、ベルギーの一流大学の評判がよい科学者は、この新技術の発見に関して記述しました:「原理的には星のエネルギー生産と同様のプロセスが説明されている」また、次に、彼は「エネルギー生産のこの方法の背後にある概念は実現可能です」と言いました。

 

Solar ecological balance

太陽系

地球

ケッシュ.リアクター

適切な内部バランスで統合されたシステムとして機能する

適切な内部バランスで統合されたシステムとして機能する

適切な内部バランスで統合されたシステムとして機能する




ソーラー生態系のバランス



この技術は、継続的に開発中であり、いくつかの静的および動的な作業のプロトタイプからの最近の結果は、新たな洞察を確認しています。例えば、初めて、私たちは、どうにか室温で、および大気条件の中でガス、および固形物として原子状水素と炭素を生成しました。現在、グラフェンの従来の製造は、700℃から800℃までの温度を必要とし、固形物のCO2などの生産は氷点下数十度で行われます。この新方式の使用による原子的、そして壁/層および多層の黒鉛の生産は、ヨーロッパでも有数の研究機関や大学で行われるラマン分光法により確認されている。 これらの技術の開発を通じて、300以上の潜在的な用途を持ついくつかの国際特許が過去に登録されている。


この技術の究極の目標は、「システム」を操作するために固体または化石燃料を必要としない動力源である統合されたシステムの中でエネルギーと重力を生成することである。これらの新しいシステムは、運動と生命維持の目的でエネルギーと重力を生成するために主として水素を使用する。


宇宙で、私たちは、惑星がそれらを移動させるために必要なエンジン・ルームまたは航空管制システムのパネルを見かけませんし、大気を保護するいかなる遮蔽システムも見ません。惑星は、それらの内部物質の完全に統合されたシステムとして機能する。各惑星は、独自のルールを持ち、構成されている物質に応じて変化し、独自の磁場の特異的な相互作用で閉じたシステムの一種である。色々な物質、およびそれらが生みだす磁場との相互作用は、それらの統合的な磁気・重力のバランスのフレームワーク内に様々な運動のタイプおよびローカルな不均衡の中で起る。 (私たちの用語では「磁気+重力場'=' Magravs' マグラヴズ)


下の画像は、火星と地球を比較してます。両方の惑星 - クローズドシステムとして機能するには、 - 彼らは適切なバランスに達しているが、それらのサブセット条件に全く別の動的な生態系が存在している。火星は、もはやその表面で複雑な生命用のサブセット条件を持っていない。しかし、地球は非常に動的で、多くの表面活性を持っており、生命の表面およびサブ表層形式と同様に非常に複雑に様々な地表および海洋を含んでいる。

 


Keshe plasma reactors have at their core a self-sustaining ecological balance,  as has Earth. Mars lost these surface dynamics and its sub-set elements are no longer present.Kesheプラズマリアクターはそれらのコア(炉心)で、地球が持っているように、自立生態系のバランスを持っています。火星はこれらの表面動力学を失い、また、そのサブセット要素はもはや存在しません。
 

火星

地球

ケッシュ.リアクター

適切な内部バランスで統合された
システムとして機能する

適切な内部バランスで統合された
システムとして機能する

適切な内部バランスで統合された
システムとして機能する

サブセット条件は複雑な表面の
動力学はもはや不可能

サブセット条件は、天候、生命のような、
複雑な表面ダイナミクスを可能とする

 熱、電流、EM-フィールド、等:サブセット条件を
提供し、複雑な動力学のためにプログラムされている



地球での複雑な動力学を模倣して、まずリアクター自体の設計、第二に、それに含まれる材料の組成により、プログラムが可能であるダイナミックなリアクターやシステムを製造することができます。


我々のリアクターシステムの設計及び技術は、宇宙物理学に見られる原理および方法に基づきます。それらは同様の効果を生みます。重要な違いは、今まで、統合された全体の一つの中でこれを全て達成することができるシステムがかつて開発されていないということです。


ある静的なリアクターを構築することは、あまり複雑ではないので、私たちの新システムによって提示された技術は技術的な面で根本的に新しくありません。しかし、これらの結果を達成するために私たちが使用した方法は以前に試みられたことがなく、科学や産業界によってさえ記述されたことがありません。一方私たちの動的なリアクターの建物は、所望の内部相互作用を達成するための全く新しい技術概念を使用しています。


 

上記の5つの電極を搭載したコーラの瓶のような静的なリアクターは、電極を追加すること、および/またはKt液体?の特性を変更することで、10V以上が蓄積することができ、より高い出力を得ることができます。明らかに、動的なリアクターは、静的なリアクターよりもはるかに大きな出力を持っている。私たちのシステムでは、エネルギー、運動および完全自給の他のすべての側面を生産し、維持する方法は、普遍的秩序の原理に基づいています。


このシステムを通じて、人は、日常生活上において地球や宇宙で見出す、素晴らしい特性および効果を達成することができます。


この新技術の開発は、重力の生成と簡単なシステムでそれを複製する能力の新たな理解を通じて可能になってきた。


ニュートンはどうにか重力を測定しました。また、アインシュタインは、物質に対するその支配について説明するために彼の一生を過ごしました。 初めて、単に重力が完全に理解されて生成される方法だけではなく、さらに、それは水素に基づいたリアクターの炉心内で複製されます。


技術の世界は、内燃エンジンとロケット燃料による推進によって重力を克服するために常に熱心に働いてきました。私たちのシステムは、推進の怪力の使用によりそれらを克服しようとする代わりに磁場の力を単に操作することにより、この結果を達成します。




和訳:Yuzo Nakano


Copyright © 2013 Keshe Foundation. All Rights Reserved.



COMMENT

掲示板

コメント