< Dinamic reactors / ダイナミック.リアクター / ケッシュ財団支援者ネットワーク日本

ダイナミック.リアクター


cola bottle plasma reactor with electrodes電極を備えたコーラ・ボトル・プラズマ・リアクター

いくつかの静的および動的な、機能するプロトタイプは、PMEの(プラズマ磁気エネルギー)とSEPMAFの(具体的なもつれプラズマ磁場)のKeshe概念と関係する新たな知見を確認します。
我々のリアクター.システムのデザインおよび技術は、宇宙物理学で見られるのと同じ原理および方法に従って開発されています。また、類似効果が達成されています。

私たちの最も単純で静的なプラズマ.リアクターのうちの1つが、コーラ・ボトルです。これは数個の電極、2~5を装備しています。
このコーラ・ボトル・リアクター内で、電圧と電流の複数の出力を達成し、我々は原子状水素を生成し、同時に、電極上に原子炭素を沈積させます。これらの静的なリアクターの作用は、酸でのように、化学的相互作用に基づきません。また、そのプロセスは、既存のバッテリーの中で起こることとは完全に異なります。例えば、電流は、液体に沈められない電極からさえ集められます。したがって、それは純粋なプラズマから集められています。その上、他のターミナルが電圧を生成している間、リアクターは自動的に充電します。

これらのテストを実行する際の主な目的は、内部の液体ガスから炭素を回収し、電極上に堆積させることが可能なことを証明することです。これは、同じ原理が、自動車や工場の排気ガスからの二酸化炭素を分離するために利用できることを示しております。



炭素およびエネルギー実験

次の写真では、コーラ.プラズマ.リアクターを用いて行った実験の一つのステップを示している。
コーラ飲料に含まれる酸は、電流の生成に必須ではない。
Liquids液体
cola bottle plasma reactor with energy liquidsエネルギー液体の入ったコーラ・ボトル・プラズマ.リアクター
cola bottle reactor with liquidsKt液体の入ったコーラ・ボトル・プラズマ.リアクタ
cola bottle reactor with energy liquidsエネルギー液体の入ったコーラ・ボトル・プラズマ.リアクター
cola bottle used as a plasma reactorプラズマ・リアクターとして使用されるコーラ・ボトル

互いに異なる2つの電極を接続することにより、マルチメータ((多重メーター?)で電圧と電流のテスト。




Creating voltage and current in a cola bottleコーラ・ボトルの中で電圧と電流を生成する
Creating voltage in a cola bottleコーラ・ボトルの中で電圧を生成する
この写真(-364mV)は、閉じたリアクター環境の自立する特性を示適して、
内部充電するプロセスのうちの1つを示す。
1048 mV1048 mV
Creating current in a cola bottleコーラ・ボトルの中で電流を生成する
Creating electricity in a cola bottleコーラ・ボトルの中で電気を生成する
 

他の結果は、電極の他の組合せで見出されている。同様の電圧および電流もこのようにして液体に沈めていない、唯一のプラズマ領域(上部)における両電極で達成される。


写真はすべて同じテストの間に得られました。更なる処理の後、電極はsp2とsp3の沈積から黒くなります。Sp2炭素(「グラフェン」と呼ばれる)は、マイクロ・エレクトロニクスおよびナノ・エレクトロニクスの中で使用することができる、弾道の(超超)導体材料です。Sp3はダイヤモンドと類似の構造である。これはすべて、レーザーおよび高圧か、真空を備えた複合システムではなく、単純なコーラ・ボトルの中で起こる!


透明テスト: 潜在的なパートナーのためのデモンストレーション中に、彼らは自分の電極(またコーラ液体)を提供することができ、結果を測定するために自分の多重メーターを使用することができます。彼らはデモンストレーションを録画することができます。デモンストレーションの後に炭素堆積物と電極は、単独で、または他の人が独立したテストのために戻って与えられます。

私たちは、より厳格な実験プロトコル、に同意する用意がある。そこでは、例えば、潜在的なパートナーは自分の接着剤でリアクターを作り、空き瓶(電極は彼らの面前で接着することができる)を提供することができます。


動的なリアクターに適用された時、これらの静的なリアクターの中で実証されたプロセスよりはるかに高い電気的な結果を提供します。それは、照明、エレクトロニクス、自動車、家庭、村、機械、産業界および生産加工のための様々な用途のために電気を供給することができます。



和訳: Yuzo Nakano