< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home ケッシュ財団支援者ネットワーク日本









2013/11-24

11-24-2013 ​ 5+1とイランとの平和交渉の成功




元記事: 5+1とイランとの平和交渉の成功 

スレッド : 5+1とイランの平和交渉の成功 ケッシュ氏の投稿

 
2013年11月24日付

私たちは、今日、ジュネーブでの平和会談における一時的な成功をお祝いします。

2012年6月11日、米国大統領の再選の日(その時我々のフォーラムで報告されたように)、米国領事の要望に応じて米国政府に代わって民間の会議で、イランでの平和会談および信頼はKeshe財団の創立者によって、オバマ大統領閣下の政府に提示された平和の手で始められていました。

さらに、オバマ大統領閣下は、米国のKeshe財団の支援者から今年の初めにホワイトハウスに配達されたKeshe財団平和条約文書を受理し、そして、2013年7月24日にKeshe財団の創設者宛のオバマ大統領閣下のプライベートな手紙の中で、平和条約と彼のビジョンに応じて、米国政府が来るべき平和会議においてどのような立場で調整するかを考えているとあり、それは、米国が、イランから尊敬される世界の安全保障の残りの平和を話し、交渉する準備ができていることが明らかになった。

さらに、7月前半に、Keshe財団の創立者は、平和会談の期間を置き、これらの会談でイランの新政府による透明性と説明責任を要求し、また、これは、今日、私たちを平和条約の署名ヘ導いたすべての会談で首尾一貫されました。

このプロセスでは、私たちはすべての動き、およびこれらの会談が成功するだろうことに気づいていました; その次のステップで平和条約に持っていくために、私たちは、宇宙技術中のイランの知識の他の部分を、その他の世界と共有することにより、2週間前にイタリアで宇宙研究所の開始を提示しました。

今、私たちは、制限なしにすべての国と私たちの技術を共有しているために、現在の平和条約の達成をより強くします。

現在の平和会談での私たちの観点は簡単です。
これらの交渉で、イランは原子力発電のみならず、核技術の開発者と認められる、その究極の目標は達成されました。

イランは世界中で核専門知識を売ることができる公式な国家になり、また、この平和条約はイランに燃料としての濃縮ウランを公に市場で売るためのドアが開かれ、それはイラン領土内にあるウラン鉱山からのプロセスで、今回の平和条約では世界の他の国はイランがそうすることに同意しました。

この動きで、石油ベースの産業に依存するだけでなく、石油がなくなった後にイラン政府は、イランの収入の将来を開き保証しました。

同時に、イランは今、原子炉の建物のような、核のノウハウを売り、世界中の他の発電所用核燃料処理を行うことができます。

イランは他の国の燃料棒を洗浄するための再処理施設のパワーを持っており、合計で、イランは, 米国、ロシア、中国と並んで主要な原子力発電のサプライヤーとなりました。

実際には、この動きで、イランは世界で4番目の事実上の原子力発電のサプライヤーとなりました。

イランはリーダーシップの膳立てと交渉の威力を示しました。

イランは核物質を濃縮し、それが完全な原子力産業のすべての側面をカバーするために力を持って示した。

Iran negotiated from the point of strength and not weakness with being able to enrich to 20% and showing its power by without allowing a single gram of enriched fuel to leave its territory.

イランは、原子炉と熟練者によって増殖のその力、および5%に濃縮燃料を減らす力を示しました。

したがって、イランが真の平和国家となったことを示し、イランの指導部は、交渉でのスキルを示しました。

彼らは、彼らの能力を示すために20%の濃縮ウランを生産しました。そして、真のチェスゲーム選手のように、イランが5%に濃縮燃料を希釈できるようにすることで、ウエストが勝ったと感じるようにさせました。

フォーラムでの私の最後のエントリの一つに書いたものを忘れてはいけない、私はイランのチェスゲームの選手として、次回は、より良い平和で楽しいゲームを行い、敗者の選手が自分の損に快感を感じさせることが私たちの仕事であると説明しました。

いずれにせよ、イランはこれ以上濃縮しようとしていませんでしたが、それは、その弱さではなくその強さによって競争者になることができるようにこの切り札を必要としました。

実際には、イランが公式に自身を作り、今では世界のトップ4の核保有国の一部であることを、この平和条約で認められている。

今、西洋の核技術の市場がイランを含め開かれ拡張されるので、核燃料ははるかに安く、すべての国家によってアクセス可能になります。

これを平和会談業績と呼ぶが、事実、イランおよび世界は、これらの会談の勝利者になりました。今、イランが安全でオープンな原子力産業とその国家のために更なるクリーンな収入を保証されている。

イランと米国の間に存在する平和運動の首唱者であり、またケッシュ財団のディレクターとして、私はロハー二大統領閣下と、この最初の平和のステップを達成するためのオバマ大統領閣下を祝福します。

今、私たちは、Keshe財団プラズマ技術をどのようにイラン人に教え、また、それが平和的な方法で、世界の他の地域に開放することが許可されているかを確認する必要があります。

我々は、一発の弾丸を撃つことなく平和を達成しました。


M T Keshe Foundation MTケッシュ財団

The Director of the Keshe Foundation ケッシュ財団のデレクター


スレッド: ​ "5+1とイランとの平和交渉の成功" に関するp75213 からの投稿

11-28-2013, 11:43 AM

Three Points 三つの問題

なぜイランはすでにプラズマ技術を持っているのにウラン濃縮に基づく既存の核分裂にかかわりたいのでしょうか?
それはあなたのガレージにメルセデスベンツがあるのにロバに乗ることを選択するようなものです。

国々がプラズマ技術を適応させれば、私は、イランがあまりにも多くのウラニウム(またはそのことについては、油)を売るのを想像することができません。

世界が必要としないものは、地震活動に敏感な国で、濃縮ウランの燃料を供給される核分裂発電所を構築すること。

私は核分裂の専門家ではありませんが、トリウムは濃縮ウランよりもはるかに安全な代替であることを読んだことがあります。また、トリウムは核兵器拡散しにくいと考えています。
実際、いくつかの国は、すでにトリウム炉を稼働させていますし、ノルウェーはトリウムMOX(混合酸化物)従来の原子炉で使用されるているロッド(燃料棒)をテストしている。



スレッド: ​ "5+1とイランとの平和交渉の成功" に関するダウグ.マクドナルド(Doug MacDonald)の投稿

11-29-2013, 06:00 AM

これは、ボードのまわりを動くエキスパートでなされたチェスの精巧なゲームです。

時々、ゲームはよりよく戦略を理解する選手によってガイドされて、ある方角に動いているように見えるかもしれません、そして、別の選手を彼が彼に結局そうであってほしい場所ヘ導きます。
意外な詰みに別の選手を引き込むために、チェス駒のうちのいくつかは、ポーン、騎士およびビショップのような又はクイーンさえ囮として使用されます。

その後、ゲームは終わりました。 もし緊密に続いていれば、チェス・マスターの光り輝く技術を見て、単にイランを「ならず者国家」のように見せるように{そして失敗した}試みた、確立した「超大国」とそれ自体を等しい立場へもたらすためにだけ、イランが既に既存である旧式の原子炉技術を使用したことを知るでしょう。詰み!

今、ボードをクリアーし、過去の妨害や封鎖状態なしで、既に急速に世界的に発展する大いに優れたプラズマ技術から再び始める時です。

私たちは今、光のスピードを越え普遍的なコミュニティーに向かって移動する。



スレッド: ​ ダウグ.マクドナルド(Doug MacDonald)の投稿にたいするケッシュ氏からの返信

11-29-2013, 08:29 AM

”私たちは今、光のスピードを越え普遍的なコミュニティーに向かって移動する”
WE NOW MOVE BEYOND LIGHT SPEED into the universal community.
私はあなたが完全にゲームを理解していると思います。
I think you have understood the game fully.


和訳:Yuzo Nakano



COMMENT

掲示板

コメント










>Copyright © 2013 Keshe Foundation. All Rights Reserved.