< KESHE発電機/ケッシュ発電機/ ケッシュ財団支援者ネットワーク日本

エネルギー技術


このWebページは、我々のシステムによるエネルギー生産能力に新たな洞察力を与える。このリアクタの開発の背後にあるエネルギー生産の概念は物理学の法則の新たな理解に基づいています。 私たちの技術は、互いの上のガスおよび物質の原子構造の協同作用および相互作用の新しい理解の適用に起因します。

環境中のガスおよび液体の振る舞いの法則は、過去数十年間の間、詳細に研究され、また、カタログが作られました。 これは、ポータブルで、そして軽くなければなりませんが 、同時に柔軟で強力でなければならないのは、あらゆるエネルギー・システム開発の重要な要因です。電力、重力/反重力、遮蔽力、そして医療目的における任意のシステムで、その使用を正当化するのに機能的でなければならない。

これらの基準を満たすために、このシステムが、主要な触媒として水素を使用することが重要です。

教授、ir博士。ブリュッセル(VUB)大学のマーク・ヴァンOvermeireは、FLAG(フランドル航空宇宙グループ)の要望でケッシュ(Keshe)氏のエネルギー概念を調査し、エネルギー生産のこの方法の背後の概念が有効であると結論を下して、次の評価(pdfをダウンロードする)を作成しました。

エネルギー源としてのシステムの使用

このシステムは、完全に統合された電子核磁気発電機である。 システムは、そのコア内に、地球の磁界の一部として人間が慣れている磁力場を作ります。ユニットは、それらの特性に影響せずに、組織と炭素原子を通過することができる磁場を生成します。

惑星によって生成された磁場は、パッシブ(受動的)磁場力(PMF)と呼ばれている。これらは、月、惑星、星および銀河を移動させるために、全体の宇宙が使用するものです。このシステムを介して利用可能なこれらの力と技術を利用することで、電気エネルギーは、燃料として水素を使用して生成することができる。

このリアクター内の電気エネルギーの生成は、水素イオンの単純なプロセスを介して達成される。精巧なシステムは、リアクターの炉心内の他の物質との相互作用中にこのプロセスを活用するために開発されています。この目的のために供給された水素は、水または大気から既に確立された技術を介して獲得することができる天然の形態である。

  KESHE発電機

 

 

実際の電力生産


最も現代的な発電用のシステムでは、磁石に接続されているタービンを駆動する蒸気を作るために水を加熱する。この磁石は、電流を生成するコイルの組内で回転する。これらのシステムは、様々な種類の多くの汚染を生じます。

 

 

 単純化された電力生産


短期間、低位?の核の供給源を含有する新しいKesheジェネレーターを使用することによって簡略化することができる。これらのジェネレーターは基本的な相互作用が自立するので、長時間の間電気を生産するでしょう。

 

 

 Kesheジェネレーター


これはKesheジェネレーターの一種です。球形の自転炉心は、1セットのコイルの内部で回転する。追加の磁石はリアクター本体に取り付けることができる。電気が必要な場合、これらのジェネレーターはインストールすることができます。

水素

原子や分子レベルでの水素ガスはいくつかの魅力的な特性を有する。これらが正しいコンビネーションの中で適切なタイミングで適切な目的に使用されれば、この要素(元素)は上記の適用をすべて促進するために必要なもののほとんどを提供します。他の元素と組み合わせて使用​​される場合、水素がどのような形をとるかは重要ではありません。主な条件は、およそすべての所望の効果をもたらすリアクター内で生成することができます。1つの陽子と1個の電子を持っていることによる水素原子は宇宙で最も軽い元素です; それは、プラズマの生成に最も一般に使用される元素のうちの1つです。


プラズマを生成するために、原子に十分なエネルギーを注入することにより、その核の磁場から電子を分離す る必要がある。このプロセスは、水素原子のイオン化として知られている。科学者は成功裡に暫くの間これを達成しました。励起された電子が、適切な方法でそのエネルギーを断念させることができれば、元の状態に戻ることができる。その後、電流と熱の生産は単純になります。


これらの効果が作成され、このリアクター内で、エネルギーおよび重力を生成するために使用される。このプロセスでは、電子は、しばらくの間、科学界で知られている方法によってそれらの核から放出される。なおここで、反応は天然の水素原子を使用して、磁気環境注入の非常に単純な方法によって達成されます。これは、我々が、このリアクター内での適用のために特別に開発した、簡単で効果的な方法です。


その後、他の要素(元素)は作用し始めますが、それが宇宙で行っているように、水素の本性は、全体としてこのシステムでその効力を明らかにするでしょう。 いつ、どこで、どのように、どれだけ多く、これらのガスと物質がシステムで適用されるかは、その時に必要な効力を生み出すでしょう。

したがって、システムは発電機になりえる。次に、そのうちの1つの物質のパラメーターの1つのわずかな変化で、それは重力生成機械になるでしょう。その後、2つの結果を組み合わせることによって、人は、エネルギーを生成するだけでなく重力をも保持し、かつ抗重力を生成するシステムを持ちます。


このシステムでは、現代使っている燃料およびエネルギーおよび磁気を生成する方法を必要としません。このシステムにおけるエネルギー生産は、単に熱の正常な生産と、リアクター内で循環と冷却の正確な方法によって生成される磁場の支援によるコアの中心にある重力によって簡単に達成される。


科学の世界では、常に地球のコアがそれを回転させる磁場を有すると考えられてきた。 重力がどのようにして惑星で生成されるのか、その方法の新たな理解を通じて、初めて、M.T.Kesheは、地球の中心が、一つの磁場ではなく、二つの磁場を保有していることを理論的に証明しました。地核の「二重磁場」操作の理解に基づいて、地球の重力のシステムは、その中心の中で重力の生成および制御につながる、この新しいリアクターのデザインの中で複製されます。


この二重の磁場力のオペレーションを理解し開発されたリアクターで、それを取り入れることによって、新たな地平が科学技術の世界に開かれました。 例えば、これは、必要あれば現在の発電所タービンを稼働させることができるシステムの境界外における蒸気の過熱ヘッドを生成するのに十分な熱を生産することができる。


これは、炉心(リアクターのコア)から直接電流を生成することさえ可能である。 システムは、水素を燃料としているので、放射能漏れ、またはこのシステム内の他の効果に起因する放射性廃棄物の可能性はない。


現在の原子炉では、熱は、モデレーター(調整器)、冷却器、および、原子炉の核内外の集中方法によるブランケットのすべての種類を使用して、集められます。次いで、回収した熱を、エネルギー生産を実行する(蒸気)タービンを介して供給される。
訳者注?)ブランケット(blanket);原子炉の炉心またはその周囲に置かれた燃料親物質の層


我々のリアクターの特定のデザインによって、すべての熱分布、トランスファー及び循環は、過去に行われているように、濃縮方法でリアクターの外部から熱を除去する必要なしに、内部的に行われる。これは、惑星で起こる熱放散の自然な方法を理解することによって達成された。 この技術の背後にある概念は、宇宙の惑星に冷却塔や排気管を持っていないという単純な事実によって促された。


内部加熱システムを持っているが、地球のように、十分に涼しいので、表面上を人が歩くことのできる惑星のエネルギー生成の実際の方法を調査する努力がなされました。 単純であるが有効な方法で、これはこのリアクターの炉心の中で達成されました。なおここで、それがリアクターの境界外に到着しないように、熱が消されます。


このシステムを備えた利点は、熱が現在の熱原子炉のような濃縮方法の中ではなく、わずかに単純な方法で再分配される場合、同じ燃料を備えたリアクターとは全く異なる特性を得ることができるということです。


このシステムによる特性は、宇宙全体が惑星、星、そして銀河を加熱して移動するために使用している方法です。このシステムは、必要に応じて、融合、半融合、そして分裂に導くことができる技術を使用しています。これはすべて、そのコア(炉心)にバルブ(弁)やねじが無く、惑星の中心のように非常に少量の水素を必要とするリアクターの使用により達成されます。

和訳:Yuzo Nakano