< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home ケッシュ財団支援者ネットワーク日本

プラズマ磁場とSEPMAF's


私たちの一般的な仮説は、物質の生成が過剰温度または超高圧を必要としないことである。

すべての物質の特徴は以下の画像で、PME AとPME Bに見られるように、具体的なもつれプラズマ磁場の基本的なプラズマ磁気エネルギー(PME)(SEPMAF)を変性させることによって再生することができる。

SEPMAFは今日の物理学での所謂、素粒子と原子の基本の部分です。陽子、中性子、電子、それらの磁場は、例えば、特定の構造の磁気絡み合い、第一の画像1Aに示す二重プラズマ磁気構造を有するSEPMAFの集合体である。




 


各タイプのSEPMAFにはそれ自身の強さおよび磁気構造があります。これらの基礎的なプラズマの磁気もつれは、固体の磁石のような固定された単一磁界ではなく緩い結合をしている。その、緩い、SEPMAFのプラズマの磁気結合は、他のSEPMAF(イメージ1BでのようにPME Cの内のPME G & H)の存在、特性および振る舞いによって変更されるかもしれないし、それらのプラズマ磁気の強さおよび構造、およびそれらの位置および運動によって影響をうける。同じタイプのSEPMAFの強さは、ある範囲内で変わる場合があります。したがって、それらの構造は動的です。

言いかえれば、適切な条件の下で - 例えば, 最小の距離のような-これらのSEPMAFは、いくつかの方法で互いに影響を及ぼす場合がある: 1つ以上のSEPMAFはプラズマの磁場構造の変化がありえます; 1つあるいは両方のSSEPMAFを解きほぐすことができます; SEPMAFは、互いに位置を変更したり、周囲のフィールド内の位置を変更することができる。



SEPMAFが動いている時、それらは、通過し、そして入って来るSEPMAFによって影響を受けるでしょう。 したがって、「原子]は、SEPMAFのいくつかのタイプの組み合わせであり、分子がより複雑なSEPMAFです。

SEPMAFの間の物理的相互作用は、絶えずバランスの状態とインバランスの間で切り替わります。観察者にとって、この磁気変転は原子や分子の性質も変化していることを意味します。



2つのプラズマの磁場が、どのようにして、もつれたようになるか、よりよく実証するために、私たちは上記の動画イメージを表示します。各々は中央のフィールド、および、3つの反対のフィールド(脚)が結び付けられ、中央のフィールドに別の中央のフィールドに面する同じ磁極があるように、互いに接近する。 それらは直線的な衝突があります。これは(正確な面、正確な角度)そうなる確率は大変低い。

衝突の瞬間に同じポーリング(すなわち負)と二つの中央のフィールドは互いに対向し、各PMFの脚部は、その軌道を継続し、内側に曲がるようなります。 2 つのPMFの脚が動的に相互にロックしている。 それらがあるため、それらは唯一の、限られた方法で前後に移動することができます - 同じ瞬間に - 魅力的な磁場によって保持され、他の脚と、中央磁場の反発磁界によって押しのけられる。 しかし、脚は動的な位置の中で中央のフィールド(それらはそれと関係がある)も保持します。したがって、これらの中央の磁場はそれらの不快な反発的な磁気位置を去ることができません。 結果は、2つのPMFが連結され、特定の動的散乱および周波数の単位(光子、電子、陽子、等)として共存する。


上の画像は、2つの3 - PMFを連動させることができる方法を示していますが、他の組み合わせは、2つの4- PMF、または6 - PMFなどで連動された一つの3 - PMFなどが可能である。 我々は、このような分子などの物質で構成する構築要素の中に、これらの基本的なプラズマの磁気相互作用を理解すれば、正しい方法でSEPMAFが提供するプラズマ磁場を使用することによって、および、固体あるいは液体の形式の中で、それら自身、実際はより複雑なSEPMAFである追加の磁気及び/又は電磁源によって、すべての物質および原子の特性をすべて変更することが可能です。
この処理が、高温および高圧条件を必要とする複雑な従来のリアクターのような怪力によってではなく、基本の磁気レベルで滑らかな方法で起こる。


室温及び大気圧下での継続的実験とテストで、単純なリアクター(コーラ・ボトル・リアクターのような)の中にプラズマの磁気エネルギー条件を再生することによって、私たちは、この種の処理が非常に実現可能で、信頼できるという証拠(それは独立した複製によって確認された)を持っています。実際にはこれは正しい条件が存在する場合に限り、物理学の世界では、通常の日常茶飯事です。


リアクター中の静的および動的試験から、私たちは、現在、宇宙が宇宙の正常なコンテキストの中で作られ、元々異なる強度のプラズマ磁場の単なるパッケージだったことを指摘している。これらのパッケージは、それら自身、プラズマの単なるエリア(場)、あるいは緩い磁場の集合体でした。それらのプラズマ磁気エネルギー(PME)に起因する様々な強さのこれらの磁場の連結は、第一段階の基本的な粒子の創造、第二の原子、そして分子の、その後の物質、雲や小惑星、その後の星や銀河の創造に起因する。


プラズマ磁気エネルギーの相互作用および蓄積は、通常、エネルギー、熱の生成、および/または各原子(そして分子)の内核での原子構造の運動につながる。それは最終的に宇宙の中で物質のすべての種類の創造に結びつく。


普遍的な秩序では、プラズマの磁気エネルギーが失われる場合、物質の核の結合エネルギーは失われます。つまり、固体の磁石では、物質の磁気エネルギーは、磁石の材料内の電子の再配列はその使用によって変更することができないために、永久的です、しかし原子核中のプラズマの磁気エネルギーでは、これがそのようでありません。

そこで、プラズマ状態の磁気エネルギーは、温度や圧力と無関係に、あるレベルの原子から別のレベル、あるいは一般にある原子から別の原子まで転送することができます。そのため、我々が単純なコーラボトルリアクターの中で原子レベルでそのようなグラフェン(炭素のsp2)等の炭素堆積物を生成し、同時に電気を発生させることができる理由である。

この単純なコーラ・ボトル・プラズマリアクターは、
「普遍的な」自立するプロセス用の必須条件をすべて含んでいます。

真空条件は、単純な構造のプラズマ環境における周囲条件の中で、プラズマ磁気エネルギーの転送を増強するか促進するかもしれません。

物理学の世界において、実質ベースで考慮されていない主なパラメータ(要素)は、これらの相互作用、組み合わせとの間で、互いにプラズマ磁気エネルギー原子の結合解除を促進するメディエーター、宇宙の仲介物質の存在である。これらのメディエーターは、化学的な意味における触媒ではありません。

今、技術と研究の世界で初めて、私たちは自然の根本原理に従って機能する、新しいシステムをデザインし、テストしました。そして、 一つのシステムで自然な普遍的な方法で、すべてのこれらの効果が、どのようにして、簡単に、すべて同時に得るかを立証する。

sss