< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home / ケッシュ財団支援者ネットワーク日本

2014/01/18

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)

元記事:MT Keshe replied to Give the Cesium back to the plant in Fukushima 01-17-2014

スレッド:原発のプラント内にセシウムを送り返す へのケッシュ氏の投稿 
2014年1月17日付

投稿されたこれらのビデオの興味深い点は、ビデオの1つの4分辺りで、これらを知らなかった母親たちが、牛乳が汚染されていることを知らずに子供たちに与え、子供たちが癌になった、と言っていることだ。

疑問点は!チェルノブイリ付近で事故のことを知らなかった人がいただろうか?6500人の母親たちが、事故が起きたことを知らずに子供たちに汚染された牛乳を長期間与え続けたために、癌になったという。

そんなことがあり得るだろうか? これは、でまかせではないのか。

次に、ビデオ中のイギリスのアドバイザー両者は、十中八九イギリス政府へのアドバイザーでもあるのではないか?

彼らは何故イギリス政府にすべて大丈夫と報告できないのに、チェルノブイリからの汚染で閉鎖後の、ブリテン諸島ノース・ウェールズの100以上の農家に土地を返して農業を再開できると許可を与えたのか?約30年たった今でも高レベルの放射性の活動が示されている。
 

第二の疑問は、すべて大丈夫だったのであれば、何故TEPCO は1000以上ものタンクを作り、敷地内のこれらタンクの水は、多かれ少なかれ家庭にも安全だとして、今も毎日、1ユニットづつ増やし続けているのか。これらの専門家が言うようにすべてはメディアによるごまかしだ。

日本政府は、ビデオの専門家の国際的アドバイザーと同じデータを持って、汚染水を海に直接流してしまうべきだという。

世界の政府は、これら専門家に給与を支払っているのだろう。福島の(原発事故の)ことを知らなかった母親たちが、日本政府にすべては大丈夫だから、お金と時間を費やしてタンクを作って、これらの水を集めたり、周辺の農家の土壌を剥ぎ取ることはないとアドバイスを与えるようなものだ。
 

これらは、雇われた専門家だ。事実と可能性を通してではなく、報酬セットを通じて話をしている。

リアクターの屋内に入らない限り、または周辺の牛の牛乳や母親らの母乳を飲まない限り安全だというなら、何故作業場周辺でみな防護服を身に付ける必要があるのか。
 

私はこれらの専門家に提案がある。イギリスにあるあなたの家を福島の方たちに与えて、あなた方の家族と一緒に一年間福島に移り住んだらどうだろう。
 

そうすれば、どの専門家エキスパートが自ら進んで行くかわかる。
 

もう一つのビデオで、男性が土埃を口にしている。彼は友人と新しい核リアクターを造って商業化する、と言っているのに気が付いただろうか。
 

それでは疑問が湧くし、答えは明確だ。なぜ彼は自分のことや核物質は安全だと宣伝しているのか、彼が徐々にテープの中で言うように、彼は、核エネルギーシステムを友人と一緒に造り、じきに市場で売ろうとしているからだ。
 

よって彼にとっての安全は、彼の原子力システムを商業化できることだ。

核の放射能は私たちの構造の一部だ。いつも言ってるように、ビタミンB類はその構造の本質を理解するなら、多かれ少なかれ放射能をべースにしている。人間の体は細胞分裂のために、それを必要とし、人間の体に不可欠な部分でもある。

しかし、誤った摂取量が吸収され、正常な細胞が放射能を吸収すると突然変異が始まる。すると、体が慣れていない新しい細胞が作られ、それが癌細胞と呼ばれるものだ。

癌細胞と私たちは呼んでいるが、将来これらの癌細胞の研究をすれば、これらが人の生命をいかに支えているのかを学ぶかもしれない。環境内で運動している磁場重力場 (Magravs) の吸収の増加による突然変異を止める方法さえ、学べるかもしれない。

正しい理解とそれにふさわしい応用で、知識は適切な人間が使えば財産であり、宇宙で存続するための道具となる。

引用はここまで
----------------------------------------------------------------------------------------
投稿されたビデオ:日本では、専門家(権威者)の管理が行き届いているので、福島周辺や事故現場の作業員に放射能による健康被害が及ぶ事はない、と科学者の見解をまとめている。原発事故の影響は、メディアにより誇張されていて、科学者、産業界、政府は原発事故による危険神話を払拭するために、一層努力するべきである。原子力は21世紀のエネルギー需要を担う偉大な可能性があり、それを生かすには、放射能を人々がいかに理解するかにかかっていると結論つけている。
https://www.youtube.com/watch?v=qaEKfPlCL_4

もう一方のビデオは削除済み(?)のようです。


.........................................................................................................
ケッシュ財団新テクノロジーの情報を開示し、各国と協力して原発事故処理に最優先で取り組むよう、安倍総理にメッセージを送って下さい。→ 首相官邸HPご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)
 



和訳:「庶民の見方」サニー

 



 

コメント

このコメント箱の中にいちど言葉を落としたら、二度と拾い上げて訂正することも、消すこともできません、管理人さえできませんので覚悟してCommentボタンを押して下さい。

If you once dropped the words into this comment box, Please be prepared yourself before pushing the Comment button, since you don't allow to pick up to correct them and also the manager cannot erase them.

HTML Comment Box is loading comments...
Copyright MAXXmarketing Webdesigner GmbH
Copyright © 2013 Keshe Foundation. All Rights Reserved.




COMMENT

掲示板

コメント