< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home ケッシュ財団支援者ネットワーク日本









2014/01/08



元記事: MT Keshe replied to 2014, the year of the change for the Humanity in Keshe Official 01-06-2014

スレッド:2014年、人類変革の年 へのケッシュ氏の投稿 
2014年1月6日付

ケッシュ財団の2014年、最初の月の重要議題である福島について、一般人や一般の科学者として支援するためには、どうしたらよいか、またこの状況をどう変えるつもりなのか?と尋ねられている。

この問題については、ケッシュ財団の平和条約の精神にのっとり、ただ単に責任を果たして行くことに努める。そうすれば、すべての務めは私たちをただ一つのポイントに向かわせる。それは、今助けを必要としている人類に仕えることだ。

私たちは、福島を最重要任務とした。何かしているように見せかけるためでは無く、今介入し援助しなければ、じきに人類全体としてまったくの絶望に陥ってしまうためだ。

この事故の状況は、起きたことの重大さを理解し、また理解してきた者にとっては、この星の今知られている世界と人類の文明の終わりを意味し得るし、また終わりでもある。

恐竜は宇宙からのわずかな副次的悪影響放射性降下物 (fallout) によって絶滅した。この福島の惨事と副次的悪影響  / 放射性降下物 (fallout)   、誤った処置のために差し迫ってしまっている状況を通じて、人類は同じ規模の変革を味わうであろう。

これについての詳細は今週予定されているインタビューで説明する。
 

大多数の人々が事の重大さを理解していないだけでなく、これから何が起ころうとしているのか理解している政府でさえ、この惨事の副次的悪影響/放射性下降物にどう対処するかに頭を抱えている状態でいる。

大量に流出した、流出し続ける、そしてこれから流出される何千トンという放射性の汚染物質と汚染水のため、人類は今年か来年には、何百万のどの同朋たちを助ける必要があるのか、次に、日本、中国、北アメリカからの何百万の人々をどこに居住させるか、ということを決める岐路に立たされる。

もし早急にこの状況を解決しなければ、第二次世界大戦中と、その後のすべての戦争によって生れた難民の危機は、これから何年間の内に起こる、これらの地域からの人類の移動に比べたら、ほんのわずかなチリのようなものだ。

毎日ニュースで報道される、様々な政府による、彼らの地位を保つための策略を理解する者なら、やがて起こる国境越えや、この惨事の副次的悪影響から自国を守るため、(彼らが) 何かする可能性と、まさにこれから人類に起ころうとしている惨事を理解するだろう。

世界の主要な経済国の指導者たちへの私からのメッセージは単純だ。過去10年間、様々なニセの危機を作り、様々な国で戦争を引き起こし、企業のために貪欲に富を築くために、あなた方は何も見えなくなっている。

そして今、福島の惨事の津波があなたの国々を襲おうとしている。世界の指導者としての地位を保証されるには、戦争のための手段を平和のための手段に変える必要がある。

この惨事によって、じきすべてが無くなり、逃げ場も失う。しかも今やあなたや、その子孫の命も世界人口と同じ状況にさらされている。

今月、世界の指導者に東京で集まるよう申し入れる。彼らは通常、非常事態が起きた世界のあらゆる場所で財政危機のために緊急会議を組織する。今福島は時間をかけ、注意を払うべき最大の財政危機を迎えている。

もしも世界の指導者たちが福島が安全だと思うのなら、家族みんなを連れて東京で翌月に集まろう。

彼らとその家族の健康への危険の重大さをみな承知しているので、彼らがそのような会議には参加する意志はないことを保証する。

今日人類は、進化によってこの混乱を解決するには何百万年もかかるような、解決手段のない危機に直面している。

私たちは、日本の人々と政府に出来る限りの援助を申し出る。福島を現状から救うため、これら、現在の新テクノロジーを利用できるよう、私たちが所持する科学的な資料のすべてを彼らに開示する。


ケッシュ財団の創造の知識は、現代の人の理解を超えている。だが必要となれば、人々の苦しみを軽減するために、私たちはそれを公開する。


私たちが2014年用に打ち立てた重要議題により、人はこの惨事を機会に、人生には争いよりもっと他のものがあることを再び学び、人類は一つの国を救うために統合し、戦争の道具を作る必要もなく、いかに自らの種を守るかをその成功によって学ぶだろう。

もしも私たちの行動計画が遂行されないなら、その時はスペースシップ・プログラムがノアが創造した船となるだろう。この星ではなく、宇宙で同じ話がおのずと繰り返される。だがそれは、自ら平和をもたらすことが出来る普通の人々のためにだ。世界の指導者のためではない。強欲な生命のための空間は宇宙にはないことを、この星で起きたすべての戦争から人々は学んだ。

これは冗談ではない。この事故により引き起こされた、そして起こされようとしている破壊を止めるため、国籍や人種に関係なく、人として、科学者として、政府として一体となり、私たちの持てる力を合わせ共同作業に努めなければ、これは差し迫る現実となる。

防衛の名の下に最新の殺人の道具を製造、推進し、これら製造所での職を保証し、株主という名の所有者の利益のために兵器を売る特別の訪問をしている政府指導者への忠告は、これらの製造所を、朝鮮半島、日本、中国、北アメリカからの何百万人、または万が一避難が必要となり得る2億5千万人もの人々を移動するための、家や避難収容所、施設の製造所に変える計画を始めることだ。

私たちは世界の指導者たちに平和条約に署名をするよう求めてきた、第二次世界大戦や他の戦争のために自動車工場は兵器の製造所に変わった。今や人類は、兵器製造所を大勢の福島災害(副次的悪影響の避難民の大規模な移動を助けるための道具やシステム構築のための創造所に変えることを強いられている。

こんな事は起こることはないと思うかもしれないが、政府はすでに何百、何千という大規模な移住を計画している。私たちは毎日、それを北、東アジアで次々とニュースにのぼる報道で聞いているのだが、これら多くの活動や発表の裏の意味は理解していない。

私たちのテクノロジーで、一時的な救援の橋渡しが構築できる。だが、総合的作業には世界中の政府の支援が必要だ。

この事故は人類を一つに統合する、だが残念なことに福島原発と日本の国の状況を変えるには遅すぎる。

最後に起きた戦争後、ある民族を居住させるために、新しい国を設立する必要があったのと同様、今や東アジアの外に日本国を築く計画をたてる必要がある。

説明が困難なほど悪い状況だ。そして日本、アメリカ、中国当局は、何をすべきかをよく知っている。

国の速やかな最終非難のため、私たちはスペースシップ・プログラムを先に進める必要があった。そのような万が一の事態に必要なシステムを構築するために軍事工場が必要だ。これで、人が習慣としてきた、戦争を作り出す機械作りのシステムに自動的に終止符が打たれる。

これらの国々のため、工場の利用をもっと有益なビジネスに変えることについて、最近のトークで語り、福島がもたらす平和と名づけた。80年後半にも東ブロックの崩壊により平和がもたらされたように。


これで、私たちが何故2014年にこのような取り組みをし、行動の計画をたてたかが理解できるだろう。すべてが一連の動きとして起きるので、必要な時期にそれぞれ必要な行動が取れるよう私たちのシステムを準備し、そのためのプログラムを計画して提言した。

.........................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団では発表しています。安部総理に、ケッシュ財団新テクノロジーと情報の公開、原発事故処理に、早急に各国と協力して取り組むようメッセージを送って下さい。→ 首相官邸HPご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)

 





和訳:「庶民の見方」サニー



コメント

このコメント箱の中にいちど言葉を落としたら、二度と拾い上げて訂正することも、消すこともできません、管理人さえできませんので覚悟してCommentボタンを押して下さい。

If you once dropped the words into this comment box, Please be prepared yourself before pushing the Comment button, since you don't allow to pick up to correct them and also the manager cannot erase them.

HTML Comment Box is loading comments...


掲示板




Copyright © 2013 Keshe Foundation. All Rights Reserved
 -->