< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home / ケッシュ財団支援者ネットワーク日本

テクノロジーは今年、世界の社会構造に影響をおよぼす



元記事:MT Keshe replied to Give the Cesium back to the plant in Fukushima 01-18-2014

スレッド:原発のプラント内にセシウムを送り返す へのケッシュ氏の投稿 
2014年1月18日付

Suzanneの投稿に答えて 

「私は怒り狂って、もうこれ以上どうしたらいいのか判らないわ!」 

(科学者が報酬を受けて言いなりになっていること、大企業が世界をメチャクチャにしている事などに対して)

困難な時には冷静を保つのが成功と発展の秘訣だよ。

私は3度国外に追放され、2度暗殺を企てられ、2度監禁された。国王に彼の王国から立ち去るようにと告げられ、私たちは多くの政府から様々な脅迫を受けてきた。そして、この星で最強の力をもつ男は、彼の国で最も優秀な科学者たちが、私に教えて欲しいと頼んでいるのに、彼の土地に私が行って人々に教えることを望まない。

それでもここまで来れたのは、私たちの行いが正しいからだ。それだけでなく、敵対する者たちのことを尊重し、更に私たちに酷い扱いをした者たちも尊重しているからだ。

私たちは対抗してくる人たちさえも尊重する。

私たちを脅かした国王はもういない。私たちが国を去った数ヶ月後には退位しなければならなった。追放を命じた男はすでに公務を去り、国内ニュースが報道している様にじきに投獄される。時が来れば残りの者もそうなる。

しかしながら、人々によって投票により選ばれた政府に対し私たちは敬意を払う。

すべての情報をいっぺんに公開することは出来る。だがそれでは更に問題が起きる。

あなた方は欲深い人たちがいることを知らない。彼らのお粗末な力で私たちのテクノロジーを無理やり握り潰せると思っている人たちが、あらゆる偽装の元に、財団の支援者として近づき、威圧して来たり、他のことをするのを毎日私たちは見ている。

だから:私たちのやり方でやらせて欲しい、そうすればじきに成し遂げる事ができる。

このテクノロジーはネジやエンジンではない。このテクノロジーは、今年、日を追うごとに、月を追うごとに、世界の社会構造にあらゆるレベルで影響を及ぼす。医療、食料、環境、エネルギー、宇宙、そして他の多くの事にだ。

誰もみな自分に興味のある分野に関心を示すが、一旦テクノロジーが総合的に公開されれば、一気にすべてに影響を及ぼす。

来年の今頃には、私たちは僅かづつ仕事を成したことを、ある程度の人々が理解しているだろう。


皆さんがこのテクノロジーから得るもので、人類に貢献することを切に願っている。


人々がみな総合的に正しく利用すれば、軍もこのテクノロジーに追従するので、軍隊による乱用や、軍による使用を怖れることはない。


世界平和の確立と新しい社会の発展を可能にし、その環境を築くという約束は、大部分はその威力を解ってない多くの人々により、確実に果たされる事となった。


これら新しいテクノロジーの発展と提供により、平和な宇宙に人類を送り出すことは、私たちが責任を持って引き受け、それを誓った。すべての約束と執行は、彼らの命が尽きるまで忠誠に果たされるであろう。

...................................................................................................................................
ケッシュ財団新テクノロジーの情報を開示し、各国と協力して原発事故処理に最優先で取り組むよう、安倍総理にメッセージを送って下さい。→ 首相官邸HPご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)
 



和訳:「庶民の見方」サニー

 



 

コメント

このコメント箱の中にいちど言葉を落としたら、二度と拾い上げて訂正することも、消すこともできません、管理人さえできませんので覚悟してCommentボタンを押して下さい。

If you once dropped the words into this comment box, Please be prepared yourself before pushing the Comment button, since you don't allow to pick up to correct them and also the manager cannot erase them.

HTML Comment Box is loading comments...
Copyright MAXXmarketing Webdesigner GmbH
Copyright © 2013 Keshe Foundation. All Rights Reserved.




COMMENT

掲示板

コメント