< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home ケッシュ財団支援者ネットワーク日本









13/12/20

元記事:MT Keshe repllied to Sale of Keshe Foundation 3-4KW power generator in Announcement

スレッド:ケッシュ財団3-4KW発電機の販売 へのケッシュ氏の投稿
2013年12月19日付


3-4Kw 発電機について、ケッシュ財団からの発表

ケッシュ財団では、非ニュークリア・リアクター内でのプラズマ生成のための、スペース・リアクター技術での新しい資材の開発とテストを行った。その後、この新世代のリアクター内でプラズマを創生し、それを維持させるテストに成功した。この新現象を利用して、発電機の生産を進めていくことに私たちは満足している。

この成功に基づき、ケッシュ財団イタリア・チームと合同で、エネルギー・ユニットの商業用開発と予備生産が始まっている。2014年の第一週目から、完全な生産段階に入る。

ケッシュ財団では、これらの発電ユニットを予約した世界で100名弱の人々に通知をする。システムの配送は、2014年の2月から3月の間に、システムが製造され次第遂行される。財団の任務に対するあなた方の根気と信頼に感謝している。

これらのシステムの入国と使用の許可については、各購入者に委ねられる。

ヨーロッパでの使用については、財団からのEUでの許可証の提出と受理まで配送を待つ選択も出来るが、個人で許可証を手配することも出来る。

今やエネルギー・ユニットのテストが完了した。財団では、宇宙/空間運動における磁気・重力(Magravs) システムの使用と実施について、世界中の政府と2014年の初めに交渉を始める。

テクノロジーのこの部門については、更なる使用に際して、交通や国境越えをコントロールする効果的な規則の制定が出来るように、まず政府に公開する。

財団のこのような動きは、飛行システムが国のセキュリティーに関連し得るためで、いかなる国もこの発展を通じて、悪い意味で取り残されることがないようにするためである。
 

このリアクター開発の最終段階を終えるために支えてくれた、ケッシュ財団イタリアチームに感謝の意を述べる。

また同時に彼らは開発者となり生産者となった。彼らはイタリアにおいて、発電機の商業化をイタリア国のために続けていく。


MT Keshe


ケッシュ財団指揮者


2013年12月19日

 



013年12月19日、発電機のすべてを公開する


スレッド : 3-4Kw 発電機の販売 へのケッシュ氏の投稿 
2013年11月19日付

ケッシュ財団では、非ユークリア発電機の実験結果と配送についての全てを、2013年12月19日に公開する。

私たちの発電機についての公開により、皆さんに満足していただけることを願う。


.........................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団では発表しています。安部総理に、情報を公開し原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。→ 首相官邸HPご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)





2013/10/21

4週間にわたるリアクターシステムの修正プランの後、エネルギー生成のための新しい非ニュークリア リアクターのための作業が今日から始まった。


数週間の内に結果を掲載する。


.........................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。安部総理に、情報を公開し
原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。→ 首相官邸HPご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)
 




2013/04/20

発電機の進展状況


MTKeshe replied to a thread Sale of Keshe Foundation 3-4 KW power generator inAnnouncements 04-17-2013 

http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?222-Sale-of-Keshe-Foundation-3-4-KW-power-generator&p=10153#post10153

スレッド:ケッシュ財団 3-4Kw発電機の販売 へのケッシュ氏の投稿 2013年4月17日付

発電機の進展状況について以下の発表をする。

非ニュークリアリアクターをベースにした発電機が製造所から今週届いた。2~3週間の内にリアクターの設置と初動が行われる。

その後、財団では新しいシステムの完全なテストを行い、この段階で非ニュークリア材料をベースにした中心部(core)でプラズマが盛んに生成される。

5月の末までに結果をフォーラムで報告する。

折に触れ、財団の研究所での結果をビデオや写真の形でフォーラムに掲載する。

約束したように、USBは複数の政府に渡し返答を待った。

昨年は、発電機の大量生産を国々にもたらし、それを公共のものとするため、いくつかの団体や政府との交渉を始めた。

ほとんどのケースでは、今やテクノロジーは政府から産業パートナーの手に渡った。これからは、テクノロジーは各国に属する。

これらの国の科学者は財団の研究所に来るか、私達が出向いていき、彼らは独自のプロトタイプを自国のために開発する事になる。

財団では、6カ国で大量生産をすることを商業パートナーと約束した。

6月以降の次のステップは各国での証明書の手続きだ。

今後は、知識とノウハウは、世界中の100人以上の科学者が持ち、新しいテクノロジーが科学界に利用可能になる。

同時にテクノロジーは一般の民間人にも利用可能になる。

各国の産業パートナーが誰であるか、どこで商業化するのかを明かすのは彼ら次第だ。

商業パートナーとの合意に基づき、発電機は財政源に乏しく入手が困難である者にも届ける。そのため、テクノロジーは、豊かな者と貧しい者に同じ割合で届けられる。

科学により階級による分裂は克服される。発電機生産による全ての商業利益は各国に分配され、その国の人々のために使われる。全ての人々にとっての快適な暮らしは、同じ速度で進められる。

利益はその国の人々のために使われる、という原則は商業活動を行う企業の義務として書面に記されており、それは私達が信奉する精神である。

M T Keshe

ケッシュ財団指揮者

関連記事:




....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安部総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)

2013/04/09

販売の経過まとめ

スレッド:ケッシュ財団 3-4Kw発電機の販売 2011年4月11日付#1

ケッシュフォーラムにて説明して来た通り、

非営利団体であるケッシュ財団では、国際スペース研究所(international Space Institute)の設立を援助するため、(研究所が開発した)発電機の商品化を今日から始めます。まず最初に、1万台の家庭用のポータブル3-4Kw AC/DC ケッシュ発電機を販売します。

予約申し込みは下記サイトのPDFをご覧ください。
http://www.keshefoundation.org/pdfs/Application%20and%20reservation%20form%20generator.pdf

---------------------------------------------------------------------------------------
PDF内容(要約)
3-4Kw家庭用ケッシュ発電機購入予約申込書

購入者の名前、住所、電話、携帯番号を記入し、以下の事項に承諾、署名して下さい。

価格:5,000ユーロ
1.2012年末の納品で、4週間前までに購入者に通達がある。
2.輸送費、配達費は購入者が負担する。
3.輸入品にかかる税金は購入者が負担する。
4.発電機の維持費と使用費として年間100ユーロを財団に支払う。
5.予約金として財団に500ユーロを支払う。(返金可能)
6.発電機は記載された所在地で作動され、移動しない。
7.発電機は移動しない条件で、財団は記載の所在地に納品することを保証する。
8.購入者が余剰電気を、電力会社や他の所在地での使用に販売した際には、発電機は財団に返却される。
9.仮に販売する場合は事前に財団に文書で許可を得、売り上げの50%を財団に収める。
収められた50%は、その国のケッシュ財団の医療と教育のために使う。


----------------------------------------------------------------------------------------


発電機の販売に関するQ&A(要約)

Q:何故ポータブル(持ち運びの出来る)発電機の販売を促進するのか?
A:住居での使用と自動車での使用も許可しようと考えている。真の意味で電気エネルギーを供給するため、更に威力のあるユニットを納品する。電気自動車に使用すれば、充電の必要が無くなるので、使用も走行距離も無制限になり、再充電もバッテリーも必要なくなる。#2

Q:発電機は放射性物質を放出するのか?
A:No. プラズマからエネルギーを得て、プラズマを発生させる。#3

Q:ユニットのサイズは?
A:車や家の中に置ける大きさで、騒音を出さない小さな箱型。#4

Q:接続は?
A:家庭では電気回路に繋げて、プラグを使ってシステムに接続する。車でもプラグを使って電気モーターに接続する。#5

Q:使用可能な電圧量は?
A:0-30V DC 0-240V AC #6

Q:配電装置に繋げる必要があるのか?
A:必要はないが、繋げることも出来る。#6

Q:標準供給の主流サイクルに自動的に適応するのか?
A:Yes #6

Q:電力会社は装置を感知できるか?
A:あなたは電気を自給自足するようになるので、気付くでしょう。#6

Q:維持費は?
A:メンテナンスの年間コストは総額で100ユーロ。30年契約で、すべて財団が供給する。#6

Q:政府がエネルギーに課税したり、装置の使用を禁止したりする危惧は?
A:収入源になると見て課税する可能性はある。使用禁止:No #6

Q: 財団がメンテナンスを出来なくなったら?(活動中止などの理由で)
A:システムはメンテナンスをほとんど必要としない。財団はいずれ国連に譲渡されるので活動中止はない。これは国連にとっても収入源になる。#6

Q:故障や、長期にわたって発電できなくなる危惧は?
A:No. 将来的にはこのようなシステムはどこの電化製品サービス店でも購入できるようになると見込んでいる。 #6

Q:距離が離れた場所でも、本当に100ユーロでメンテナンスが賄えるのか?
A:すべては宅配便で取り扱われる。システムに問題が起きた場合にはユニットを回収して、交換する。修理のために技術者を送ることはない。 #6 7日以内に無料で交換する。#17

Q:危険な放射性物質があるか?事故により放射性物質が放出される恐れは?
A:No #6

Q:装置が移動されるとGPSが感知して、装置を破壊すると言っていたのでは?
A:No. GPSは破壊するためでなく、元の購入者の利用以外に高値で他に売却されるのを防ぐため。#6

Q:10Kwのシステムの価格は?
A:約20,000+ ユーロの予定だが、3Kw販売の翌年から発売開始する。#17

Q:このシステムはアパートでも使用できるのか?
A:使用可能。#12

Q:支払いのシステムは?
A:返金可能な予約金が500ユーロで、残りの4,500ユーロは商品と引き換え。#17

Q:購入者が死亡した場合は?
A:システムは家族が引き継げる。維持費は払い続ける必要がある。#17
 
Q:何故、国連に財団を受け渡すのか?ほとんどメンテナンスを必要としないのに, 何故毎年100ユーロ支払うのか?
A:いずれにせよ私の没後は、財団は国連に受け渡されることになっている。それまでには国連は特権クラブではなくなり、本来の機能を果たしている。隠れて権力を悪用した者は、その行為に報いることになる。

財団の目的は、すべての人が生活に必要不可欠なエネルギーと食料を得ることで、それは私達のテクノロジーを通じて供給される。100ユーロは教育と研究のために使われ、人々は自由なライフスタイルを得る。年間2,000~3,000ユーロの燃料費を払っていた人は、代わりに100ユーロを社会に還元出来ないだろうか? 私達は、他を利用したり、非難、批判をする代わりに、助け、与え、必要な分だけを使い飽食を止めれば、真に人として生きられる。 #8

Q:自分の家や車にはこの装置はすでに装備されているのか?
A: システムは出来上がっているが、ある理由により装置のある場所を公には出来ない。Elektor magazine (http://www.elektor.com/magazines.46742.lynkx)は研究所を持ち、以前私達のCO2システムに関する取材をし記事にしている- “Message in the bottle”(2007) “just add water”(2010)。彼らが発電機のリリースの前にテストをして、記事を発表する事になっている。この旨はWIKIにも伝えたが、奇妙なことに彼らは記事にはしないことに決めた。#10

Q:何故、公に記者会見を開いてデモンストレーションをし、科学者に検証してもらわないのか?
A:今までに3回、デモンストレーションを試みた。一回目はベルギー政府により規制され、報道者のホテルへの立ち入りも禁じられた。ベルギーの報道機関とヨーロッパの科学研究組織は共同研究も記事の発表もしないようにと言われている。

同意の元に研究の書類や特許の内容まで渡したマスコミ-The Morgan news paper, Antwerp gazette, ベルギー中のテレビ局、UK press, Netherlands他、すべてが取材を取り止めるようにと言われた。ホテルや公共の会場はケッシュ財団からの予約を今後受け入れないようにと言われている。

フォーラムの読者の中には、重量軽減や昏睡状態患者の治療のエキスパートの方がいて、彼らの研究所で私達に手助けをしてくれた。だが患者さんも含めすべての過程は公にしないという相互の契約を交わしている。発電機に関しては、 Elektorにもテストをしてくれるように頼んだ。彼らのオランダ語、ドイツ語、フランス語、英語の2011年の出版物を買ってみれば判る。英語版では、ケッシュ財団の ”Just add water” の記事だけが削除されている。#15

Q:ベルギーやオランダで報道が規制されるなんて信じられない。ベルギー政府が財団の発表を阻止してるのに何故販売できるのか?本当に人類愛から技術を提供しているならオープンソースにして、事前にお金を請求しないでまず装置を実演して見せて欲しい。
A:システムを販売するのは研究所の運営費用のため。20,000ユーロで明日あなたに売ることも出来る。現在の価格は紹介価格で、システムの需要を示すため。後には3Kwは20,000ユーロ、10Kwは60,000ユーロで、維持費は350ユーロになる。現在あなたが支払っている燃料費は1.5ユーロ/リットルで30~40セント/Kw であることを忘れないように。 年間で車に2000リットル、光熱費に3000ユーロとして、3Kwは20,000ユーロが妥当な市場価格。3年以内に採算が取れて、維持費以外はタダになる。

あなたが仲介になってベルギーの報道関係者と交渉し、財団のseed experimentを公に発表する機会を設けてみて下さい。

私は喜んで指定の場所に赴き材料を提供する。私達が過去6年間開けることの出来なかった扉を、あなたには開けられるかもしれない。

財団の医療システムについては、前金は要求していない。テストケースのシステムが出来上がってから同意に基づいて支払われ、治療の成果が見られない場合は返金する。患者一人当たりの癌治療に50,000ユーロ請求する医療業界に、同様の要求をしてみて下さい。#19

Q:システム値上げの理由は?
A:5,000ユーロから20,000ユーロに価格が上がる理由は、中央コントロールシステムを確立するためで、建物と商品を生産化する設備が必要なため。私達の技術の財源は自分たちで確保している。政府が援助してくれるわけではないので。#20


スレッド:ケッシュ財団 3-4Kw発電機の販売 2013年2月26日付 #92

ケッシュ財団発電機納品について 

約束どおり、ケッシュ財団発電機の販売の経過をお知らせする。リアクターの開発と研究を予定通り進める努力をしているが、次の理由により遅れている。

オリジナルの発電機はニュークリアベースの素材を使用したために、配送を規制された。政府当局とベルギーの複数の組織による抵抗に合い、研究所の資材が没収され、破壊された。その上費用も負担させられた。こうして彼らはシステムの配送を阻止しようとしている。

財団ではそのような動きを見越して、いかなる政府の規制も通過できるような新しいタイプの、7thジェネレーション リアクターの研究開発を昨年9月に始めた。ニュークリアベースを使用しない新しいシステムでは真空密封が必要で、最終テストの段階でシステムの作動中に密封が物理的ダメージを受けることが判り、修正が必要になった。

新しい密封システムのパーツの供給が3月の2週目にある予定で、その後15日~30日で発電装置をテストし配送が出来る予定。

予約を取り消したい場合は30日以内に前金は返金する。

発電機は150件しか予約がなく、製造コストは賄えないが約束通りシステムを完成させ届ける。

修正後は問題が解決しトラブルなく配送が出来ると楽観視している。

システムを修正した完成品を購入するか、予約を取り消すかは予約をした方の判断にまかせるが、理解していただけることを願う。

ケッシュ財団を代表して

MT Keshe



スレッド:ケッシュ財団 3-4Kw発電機の販売 2013年3月28日付 #114

アップデート: リアクターの生産上問題だった点が来週中に解決し、配送の準備に入ると製造から報告。その後、3kwの非ニュークリアベース技術によるパワーシステムの初テストを行う予定。


....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安部総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)

2013/03/29


MTKeshe replied to a thread Sale of Keshe Foundation 3-4 KW power generator in Announcements 03-28-2013
http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?222-Sale-of-Keshe-Foundation-3-4-KW-power-generator&p=9577#post9577

ケッシュ氏のフォーラムへの投稿 2013年3月28日付

アップデート:

リアクターの生産上問題だった点が来週中に解決し、配送の準備に入ると製造から報告がありました。納品後、3kwの非原子力技術によるパワーシステムの発テストを行う予定。



....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安部総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)



和訳/ソース元:「庶民の見方」サニー

コメント

このコメント箱の中にいちど言葉を落としたら、二度と拾い上げて訂正することも、消すこともできません、管理人さえできませんので覚悟してCommentボタンを押して下さい。

If you once dropped the words into this comment box, Please be prepared yourself before pushing the Comment button, since you don't allow to pick up to correct them and also the manager cannot erase them.

HTML Comment Box is loading comments...



Copyright © 2013 Keshe Foundation. All Rights Reserved.


COMMENT

掲示板

コメント

 
-->