< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home ケッシュ財団支援者ネットワーク日本









2013/11/24

国際研究所、第二期生の受け入れ開始

元記事: MT Keshe replied to Spaceship Istitute (SSI) accepting knowlege seekers 11-22-2013

スレッド: スペースシップ研究所 ホームページ へのケッシュ氏の 投稿 
2013年11月22日付

「中国人には、チームの一員になる希望はもてない...」 という投稿へのケッシュ氏の返信

とんでもない、これは誰にでも、より大きなチャンスを与える方法だと思う。

イタリア人、インド人、アラブ人、アフリカ人、アメリカ人たちが、候補生を援助する。この方法で皆が知識を共有できるようになる。

もしボランティアを受け入れれば、彼らと他の者が部分的に援助することができる。彼らが財団の一員となれば、他を教える事ができるようになる。

私たちが障壁を作らなければ、もはや国境はない。

半球に境界線はあっても地上に国境線はないのだ、ということをこの財団から示させて欲しい。


-----------------------------------------------------------------------------------


元記事: MT Keshe replied to Spaceship Institute (SSI) accepting knowlege seekers 11-22-2013

研究所への生徒受け入れの発表をしてから48時間以内に、最初の知識探求者の暫定的受け入れをした旨を発表できることを喜ばしく思う。

財団では、応募状況から見て、更に知識探求者の受け入れを、何日間かの内に発表できる見込みでいる。

1月の受け入れ員数には非常に限りがある。


-----------------------------------------------------------------------------------


元記事: MT Keshe replied to Spaceship Institute (SSI) accepting knowlege seekers 11-22-2013


ケッシュ財団では、第二期の知識探求者の受け入れを発表することを喜ばしく思う。

研究所への、この新たな知識探求者を、私たちは最大限に受け入れている。

財団では何日間かの内に、研究所の一員となる更なる知識探求者の受け入れを発表する。


関連記事をまとめて読む:国際研究所オープン 

.........................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団では発表しています。安部総理に、財団の教育プログラムに参加し、新テクノロジーと情報の公開、原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。→ 首相官邸HPご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)



2013/11/23



元記事: MT Keshe replied to Spaceship Instite(SSI) website in Announcement 11-21-2013


スペースシップ研究所


スペースシップ研究所の教育プログラムの急速な展開により、その開始に向け進展があった。


研究所では、最初の知識探求者を2014年1月14日()から受け入れる。

このグループの受け入れは、非常に限られた人数の知識探求者になる。

申し込みと履歴書(curriculum vitae)を下記の二つのeメールアドレスまで送って欲しい。

1.ssi@keshefoundation.com

2.spaceshipinstitute@gmail.com

知識探求者らは、MT Keshe による講義と実験を、全日制ベースでフルに学ぶセッションに参加する。

このグループは、MT Kesheと力を合わせて作業をし、このチームとの作業が、あとに続く他の知識探求者らのための枠組みとなる。

このグループを教えるための最初の場所は用意され、準備ができている。この場所が財団の教育プログラムの基点となる。

候補者は財団で最低でも一年、フルタイムで時間を費やすことが出来る必要がある。

このグループは新期には教えて、リードして行くグループとなり、このテクノロジーを他の者に教え、開発していくすべての側面に参加することが要求される。個々の科学者、エンジニアたちはこれらの部門に応募することを勧める。

私たちと共にいる第一ヶ月目から、インタネットのシステムを使って、母国と世界中にいるケッシュ財団のメンバーたちに、あなたの国の母国語で、大勢の人たちに教えを還元し始めることが要求される。

この中心のチームは、このテクノロジーが公の領域に留まるように、大勢の人たちとコミュニケーションを続けていくことが要求される。

私たちが求めているのは:医学博士、プラズマ科学者、制御システム・スペシャリスト、金属工学者、化学者、生物学者、コンピュータープログラマー、農業のスペシャリスト、電子・電気工学エンジニア、工作機械エンジニア、回路設計開発者、宇宙エンジニア、宇宙学者である。

学術的理論ではなく、システムを構築し、テストできる者を必要としている。宇宙学や医学の博士、エンジニアによる知識が、宇宙において、あなたとその追随者を一緒に運ぶのだから、すべてを全部まとめて学ぶ必要がある。

私たちは、地球の新しい生活をスタートする施設を、あなた方のために用意した。私たちと一緒に平和なひとつの国家に向けて、人類の軌道変更をして行きましょう。

最初のグループは、あなたの仕事への支持とスポンサーを、個人よりも国から、国や地域またはケッシュ財団サポートグループへのアプローチから得られるよう、望んでいる。

研究所の学費は、個人、団体、政府従事者共に、年間で20,000ユーロと決められている。

スポンサーを得るのが困難な場合は、ケッシュ財団のフォーラム上のメールリスト、財団のウェブサイト、フェースブックなどを活用して欲しい。

私たちで、あなたの家族の居住場所や子供たちの学校の確保の手助けができるかも知れない。研究所での使用言語は英語になる。

更に情報が必要な方は通常のルートでコンタクトして欲しい。

今や、研究所は教えるためにオープンした。私たちと一緒に、叡智と平和をもって、新しい科学の世界とテクノロジ-の教えをもたらしましょう。

-----------------------------------------------------------------------------

元記事: MT Keshe replied to Spaceship Instite(SSI) website in Announcement 11-22-2013

スレッド: スペースシップ研究所 ホームページ へのケッシュ氏の 投稿 
2013年11月22日付

「メールリストとは何か?通常のルートでのコンタクト、とはこのメッセージ中のメールアドレス宛てでよいのか?」という質問に対する回答。


SSI(スペースシップ研究所)の候補生を希望しているが、この目標を達成するには、財政的な援助を必要とするのであれば、名前と専門分野、何に財政的援助が必要かの、詳細を添えてこのアドレスに送って欲しい。

spaceshipinstitute@gmail.com

もしあなたが研究所の候補生として受け入れられたら、私たちからあなたの申し出をメールリスト宛に送り、財団の支援者たちに、あなたの目標達成と、テクノロジーを明らかにするという、彼らの目標達成のための援助をお願いする。

あるいは、SSIの一員となることを強く要望する者で、そのポジションに相応しいと私たちが判断した場合、あなたの要望をフォーラムに載せ、財団の支援者をサポートするかも知れない。

私たちは最初の申請をすでに受け取っている。あなた方の支援に感謝する。

あなたの研究 / 仕事について更によく知るために個々に連絡を取り、あなたの専門技術が私たちの研究に有益であると見なされた場合は、2014年1月に始まる財団の研究所の一員として受け入れる。


関連記事: 国際研究所のオープン

.........................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取った と財団では発表しています。安部総理に、財団の教育プログラムに参加し、新テクノロジーと情報の公開、原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。→ 首相官邸HPご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)





和訳:「庶民の見方」サニー

COMMENT

掲示板

コメント




Copyright © 2013 Keshe Foundation. All Rights Reserved.