< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home / ケッシュ財団支援者ネットワーク日本

磁力の原理


Samal4によるフォーラムからの質問:

ちょうど今日、私は、ある人が彼の体に金属を引きつけることができるというロイターからのニュースを受け取りました!
その事についてのビデオレポートを見るために下のリンクをクリックしてください。私は、この人にそのような現象を操作させるのは、何が原因なのかと考えます。

MT.ケッシュの返答


人体は、必ずしもすべてが物質の同じ正確なコンビネーションで作られていないので、それらは、我々がすべて同じ2脚、腕、および内臓があると見ていても、異なる磁気重力場(Magravs = magnetic and gravitational fields)を作るが、真実、異なる体は異なるフィールドを生成することができ、その環境から別の強さのフィールドを作成することができ、任意の強さのいかなる物質やフィールドを引き付けるか、拒否することができ、これは、異なる身体が異なる電界の強さおよび物質に受容力があり、人体がすべて異なる物質、また他のものとしてのフィールドを引きつける場合があるか、拒絶する場合があることを意味します。 


体内でのいくつかの要素が, 金属または鉱物が有することと反対の強さのフィールドを生成した場合には、体のフィールドは、そのオブジェクトのフィールドと反応する。

2010年のテストで、我々は示した。 通常の室内環境下であっても、プラスチックの磁場強度を作り出すことができることがビデオで記録されている。あなたはこのビデオで原理を見ることができます。

you can see the principle in this video:


金属のようなプラスチックがプラスチックに触れることなく動かすことができるフィールドを生成できること、および、単に別の物質で、その逆極性のフィールドを生成することができることを意味し、物質を引きつけるか押すように、この場合、プラスチックは一方角か他の方角に移動するのが見れる。

我々は昨年初め、福島の地震時に大気中に放出された核粒子を後退させるために日本政府にこの技術の動的バージョンを提案したように、環境からフィールドおよび物質を引きつけることができるか拒絶することができるかの単純なバージョンを示します。

同様にして、実際には、人のオーラは動的なマグラヴズフィールド(重力磁場)であり、全ての人のオーラは、血液の組み合わせと食料消費が異なるように、同じではないので、人は、身体のMagravs強度を測定した後、どのフィールドの強度と物質を身体が吸収するか引きつけるか、叉は、それ自体から、およびその環境から拒絶するかを理解することができる。

私のすべての話しで、いつも強調していることは、人が一日あたり約2000カロリー消費する食べ物は、日常生きて行く為に必要とするものの僅か20%であり、現実に人が日々必要とする全エネルギーの80%はその環境から身体のフィールドによって吸収されます。

これは、宇宙における人類および他の生物進化の世界の基礎のうちの1つです。

人は、その環境から直接吸収するものを,  身体がどのように、例えば、白い肌、茶色の目、背が短くそして高くなるか、などによって、決める。 形状やカラー、およびサイズが、身体がその環境から何を吸収し、何を環境へ拒絶するか、そしてその内部Magravsとの相互作用において、必然的に決定する。 その後、身体はその環境の中で最も効率的な方法で生き残るために、身体に同じ吸収のプロセスを継続し、持続するためにこれらのフィールドが使用されるもののために決定します。  

したがって、身体がその直近の環境の中で維持する全面的なMagravs強度の構造によって鉄、銅、プラスチックおよびフィールドを引きつけることは身体にとって可能です。

オーラさえそれ自身、身体のセルの磁気重力場(Magravs)の相互作用、およびその環境の磁気重力場(Magravs)とのそれらの相互作用によって生成されます。

そのため、北半球でのオーラは南半球でのオーラと同じではありませんし、欧州でのオーラは、オーストラリアと同じにはありません。

したがって、オーラシステムで遊ぶ人々は、彼らのシステムから結果を分析するために使用する前にlocationnalフィールドの強さを考慮する必要があります。 ???

今日消費した食べ物しだいで、身体のオーラは変化し、さらに、午前か夜にオーラを測定するなら、オーラが一日の時間とともに変化することがわかる。 

午前中には、金属を引き付けることができる人が、午後には身体が、同じことを行うことはありません。これは一部の人々が、特定の時間に特定の行為を一度だけしか行うことができない理由です。

同じことが、ある人達は、他の身体上で彼らの両手を使って治癒または癒す力を持っていると言う、実際にはこのことについての科学的な説明は、そのMagravsまたは一般的な人々がオーラと呼ぶものは、Magravsフィールドの相互作用と交流の創出につながる別の身体のオーラとの相互作用で、それは、一つのフィールド(より強い)は、身体の特定の部分の特定のオーラの強さの点で他の不足(弱い)を供給しながら、あまり強くないMagravsにバランスをもたらすことで、実際には第二の身体は、エネルギーの不足から回復するために食べ物を食べるように、いわゆる治療者のMagravsから食べる。

このプロセスは、より速く、消化システムを必要なしで、我々は我々の宇宙のサイトで言うように人が食べることによって達成することができるよりも、人は彼の身体表面を通って、彼の環境からより多くのバランスと正確なプラズマのフィールドを供給することができるように、私たちは食べ物を運びません。

一部の人々は、実際には、これは、同じ身体または2体のMagravsフィールドの相互作用の別の形態であり、彼らの手や自分の身体や他の身体との間で光の玉を生成することができます。

1つの手のMagravsが他方の手より弱い場合、これらの2つの手の間に光のボールが生じます。また、2つの手、あるいは身体の2つの異なるMagravsの強度が相互作用するとともに、2つのMagravsフィールド間の摩擦は、環境のMagravsの強度と結合するMagravsフィールドの破片の生成に結びつきます。身体は、2つの手の間で光の生成につながる所に位置し、任意の物質または電球への接続がなくても2つの手のひらの間で彼らの目の前で光球が観察される。

再び、これは現象で、太陽と地球のMagravsが2つのオブジェクトの対向する側に相互作用するので日の光の生成を観察し、それらの摩擦のために、これは日中の光の創造につながり、その地球の裏に、Magravs(太陽)との間に相互作用がないので、暗闇、あるいは夜間を経験します。

再び、ここで同じことは、異文化によって数世紀にわたって記録されてきたように、人々が空のUFOの光原理と呼ぶものを持っています。これは私が磁気重力場(Magravs)摩擦の原理と呼ぶものです、それは、2つのMagravsの相互作用によって生成される残余の磁場で、私たちの宇宙船用リアクターのMagravsがその環境Magravsと相互作用する場合、人間のアミノ酸のMagravsの強度で光の生成に結びつく、2つの動的なMagravsの強度のこの相互作用は、人々が見るUFO効果と呼ぶもの、あるいは空(BLIS)のいわゆる明るいライトのまわりの明るい光の生成に結びつきます。

したがって、次の時間で、人間の知的成熟度が、すべての銀河、星、惑星や衛星の運行のように普遍的な運動の方法を使用するようなレベルに達したら、我々の環境でこれらの光球体をもっと頻繁に見ることになるだろう‥、そして、私たちは、小さなリアクターに目的地の磁場を生成することができ, 次に, どんな燃料も燃やさずに、人の身体に金属を引きつける場合があるのと全く同じ原理上で、その目的地点に引きつけられます。

M.タバコリ.ケッシュ



和約: Yuzo Nakano

 

フォーラムで、このトピックについて話し合う

Copyright © 2013 Keshe Foundation. All Rights Reserved.



COMMENT

掲示板

>コメント